田村淳

自分だけでなく、周囲の人々を巻き込む恐れもある薬物問題。ロンドンブーツ1号2号田村淳が自身のツイッターから「芸能人の薬物使用」に関する持論を展開し、注目を集めている。

■薬物検査をうけるワケ

淳は16日午後にツイッターを更新し、「芸能界で一番薬物検査をうけてると思う…」とファンが読んだらドキッとするような文章を綴っている。過去に3度の尿検査と1回の毛髪検査をうけたようで、「全部白でした」と検査結果を告白。

最初は「疑って検査をするなんてひどいじゃないか!」と考えていたようだが、現在は検査をしなかったために「せっかく撮った作品が放送できないのは辛いもんね」と製作者に寄り添った意見を見せている。

関連記事:【覚醒剤】松本人志が提案『薬物検査導入』案に賛成?

■共感の声続出

「これからもしっかり検査してね」「薬物ダメ絶対」という文章で締められた淳のツイートを受け、ファンからは「そのとおり! 疑うとかじゃなくて、作品を無事に完成させるには必要な検査」「定期的に抜き打ち検査したりするのが一番有効な方法だと思います」といった声が多数上がっていた。

■芸能人と薬物

薬物が作品に与えるダメージについて語ってくれた淳。しらベぇ編集部では全国20〜60代の男女1,342名を対象とし、「芸能人と薬物」に関する調査を行った。

調査の結果、「好きな芸能人が薬物使用で逮捕されたらファンをやめる」と答えた人は全体の55.2%と判明。多くのファンの期待を裏切らないためにも、薬物に手を染めるのだけは絶対にやめてほしい。

淳のツイートをうけ、薬物に手を出す人が少しでも減ってくれることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→“MDMAをめぐる詐欺”の増加に警鐘 「こんなボロい商売はない」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数)

田村淳、芸能界で一番薬物検査うけた背景に共感 「そのとおり!」