アメコミにまつわるさまざまなデータを、色とりどりのグラフで表現するビジュアルブックアメコミヒーロー スーパーグラフィック』が、フィルムアート社から発売されます。2400円(税別)、11月26日発売。真面目なデータから、へぇ~となるトリビアまで、ユーモアたっぷりで面白い!

【その他の画像】書籍の内容

 著者は『スター・ウォーズ スーパーグラフィック インフォグラフィックで旅する はるかかなた銀河系』と同じくティムレオン氏。今回の『アメコミヒーロー スーパーグラフィック』はシリーズ第2弾となる書籍です。

 マーベル・コミックスDCコミックスを始めとしたアメコミを中心に、ジャンルレーベルも飛び越えて様々なデータを集約しています。中にはスーパーヒーローの共通項を表現していたり、コスチュームを原色で表現していたり、カラフルなグラフは眺めているだけでも楽しいです。なんとなく思ってたけど、やっぱり非業の死を遂げた両親を持つヒーローってとても多いんですね。

 全体的なデータだけではなく、パニッシャーウォッチメンなど、キャラクターや作品ひとつに特化したグラフも掲載。12回にわたるスーパーマンのロゴの変遷も、分かりやすく解説されています。

 キャラクターが多いだけでなくマルチバースユニバースもあって、混乱しそうになるほど広大なアメコミの世界。この本でなんとなく理解できた気になりそうです。

アメコミ・ヒーロー スーパーグラフィック