2019年12月4日(水)、株式会社スタイルズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:梶原 稔尚 以下、スタイルズ)は、バルテス株式会社株式会社第一コンピュータソースと協力し、多くの企業が抱えるレガシーな基幹系、業務系システムのマイグレーションプロジェクトをどのように成功に導くかを中心に、その開発事例やサービスをご紹介するセミナーを開催します。

基調講演には、
ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国」「社長が知りたいIT 50の本当」の著者であり、
「日経コンピュータ」の人気連載「動かないコンピュータ」を10数年担当された
「日経コンピュータ」元編集長の 谷島 宣之 様をお招きし、
今後、日本の情報システム部門がこれから直面していくであろう課題にどのような優先順位で対応していくべきかを解説いただきます。費用対効果をどう出すか。AI(人工知能)やデジタルトランスフォーメーションなど流行にどう付き合うか。いわゆるレガシーシステムをどうするのか。人材をどう育てるのか。等々、34年間、情報システムの取材を続けてきた経験に基づき、情報システム部門がすぐに着手すべき対策をご提案頂きます。

また、多くの企業が抱えるレガシーな基幹系、業務系システムのマイグレーションプロジェクトを多く経験している各社がセッションに登壇し、古いシステムのマイグレーションをどう実施するのか、その際の品質確保をどうするのかといった具体的な課題への対応策やプロジェクト事例をご紹介する予定です。



◆セミナー詳細

セミナー名:レガシーシステム マイグレーションセミナー 2025の崖 ~レガシーシステムと今後の情報システムを考える~
日時:2019年12月4日(水)15時00分~17時40分(受付開始:14時30分)
会場:御茶ノ水ソラシティーカンファレンスセンター東京都 千代田区 神田駿河台4-6)
(JR「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分)
定員:100
費用:無料(事前申込制)
共催:バルテス株式会社株式会社第一コンピュータソース株式会社スタイル
詳細・申込:https://eventregist.com/e/p5AxFtDG58CX

スタイルズの「レガシーアプリケーション移行サービス」とは?

すでにサポート切れになっており、脆弱性も心配されるStrutsやSeasarなどのJavaフレームワークは、過去膨大な企業内システムに利用され、現在も多くのシステムが稼働中です。古いフレームワークを使用し続けることによるメンテナンス性の悪化、技術者のモチベーションの低下、そしてなによりビジネスの成長のために必要とされる攻めのITへの対応スピードの遅延が問題視されており、可能な限り迅速に、根本的な対策を行なうことが急務と言えます。

・Struts自動移行ツールを活用したレガシーシステム移行事例:https://www.stylez.co.jp/case/case03/

株式会社スタイルズについて

スタイルズは2003年の設立以来、企業が円滑な事業を行うのに必要なITインフラの構築や、システム開発・保守、モバイルアプリソフトウェアの開発などを手掛けてきたSI会社です。
APNテクノロジーパートナーをはじめ各種クラウドパートナーとして、オープンソース配布、運用支援、構築、開発サービスを提供しています。詳細は https://www.stylez.co.jp/ をご参照ください。

配信元企業:株式会社スタイル

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ