11月18日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(MBS)で、吉本興業の関西若手芸人100人を対象にアンケートが行われ、先月、一番ギャラを稼いだ芸人が発表された。

前回はお笑いコンビからし蓮根の杉本青空が「47万2333円」で一番稼いでいたが、今回はお笑いコンビマルセイユの別府貴之が「46万9573円」でトップに。

明石家さんまは「マルセイユは何回も会ってる。東京の毎日放送の楽屋で、毎週お前らのロケ見てる」と語ると、別府は「さんまさんがロケ見てくれてる!今度からロケ震えますわ……」とコメント

なお、相方の津田康平は「45万4310円」で、津田は「たぶん相方はなんばグランド花月オープニングアクトに出てるのでその差がリアルに」と語った。