宝塚市では氷河期世代4人の採用内定が決まっている

本年度から「就職氷河期世代」を対象にした職員採用を実施していた兵庫県宝塚市は11月、男女4人に採用内定を出したと発表した。採用は来年1月1日付けで、いずれも正規職員として事務職に従事する。

就職氷河期世代は、バブル崩壊後の1993~2004年ごろに、就職活動が厳しい状況に置かれ、満足のいく就職が難しかった現在の30代半ば~40代半ばが該当する。この世代の人々は、今もフリーターや派遣労働といった社会保険の無い非正規雇用や、無職の人が多いといわれている。

3人程度の採用枠に全国から1816人が応募


同市の中川智子市長は、社会問題化した氷河期世代の就労支援について「何かできないか」と考え、4月ごろから同市で雇用することを考え始めた。8月には「就職氷河期世代を対象とした採用試験です。ぜひ一緒に宝塚市で働きましょう!!」と銘打って、募集要項をリリース。「事務職3人程度(高卒以上)」の枠に、全国1816人から応募が殺到したという。

その後、今月までに筆記試験、2回の面接などを経て、40~45歳の男女4人の採用を内定した。同市の人材育成課によると、4人のうち2人は現在無職で、1人は非正規雇用。同課の担当者はキャリコネニュースの取材に対し、

氷河期世代に正規雇用を増していくという目的は達成できたと考えています」

コメントし、「今後、それぞれの経歴や適性などを見極めた上で、配属部署を決める」としている。

氷河期世代採用の動き、兵庫県内外に広がる

氷河期世代を対象にした採用活動は他の自治体でも行われている。2016年から愛知県が30代に限定して実施。今年4月には対象を44歳に引き上げると発表していた。

また、総務省は今年10月、全国の地方自治体に宛てて発した通知で、氷河期世代も受験できる中途採用試験を盛り込むよう求めた。

これを受けて、宝塚市と同じ兵庫県内の三田市や加西市のほか、和歌山県にも同様の取り組みが広がっている。宝塚市の担当者によると、これら以外の自治体からも「どのような感じで採用活動を実施したか」を問い合わせる電話が相次いでおり、今後の採用活動を見据えて関心を示す自治体が増えている様子がうかがえる。担当者は

「今回の一番の目的は、氷河期世代に強く問題意識を持ち、採用の取り組みが全国に広がっていくことにある。そういった意味でも大きな手ごたえがあった」

と一定の成果を感じているようだ。