チャリティー写真展(11月22日から26日)は、プロの写真家が撮影した写真プリント作品の即売を行い、売上金を国際支援団体に寄付する社会貢献活動で、今回が23回目。会期中となる11月23日午後、今回の寄贈先である認定NPO法人アジアコミュニティセンター21(ACC21)が、フィリピン子どもたち(ストリートチルドレン)やスリランカの女性たちのための支援活動についてお話します。ぜひ、取材・イベント告知へのご協力をお願いいたします。


認定NPO法人アジアコミュニティセンター21(所在地:東京都文京区、代表理事:伊藤道雄、以下ACC21) は、11月23日(土)14時から、「アジア子どもと女性に夢を 第23回写真家達によるチャリティー写真展」(企画・運営:フォトボランティアジャパン基金、会期:11月22日から26日)の会場であるMGG(光村グラフィックギャラリー東京都品川区大崎1-15-9光村ビル1階)にて、ギャラリートーク「現場報告:写真の向こう側のアジア」に登壇します。

アジア子どもと女性に夢を 第23回写真家達によるチャリティー写真展」は、写真プリント作品の即売を行い、売上金を国際支援団体に寄付する社会貢献活動で、今回の寄贈先はACC21です。

ACC21は、アジア100以上の現地NGOとのネットワークを基盤にアジアの貧困削減をめざし活動する国際協力NGOで、フィリピンの路上で暮らす子どもや若者(ストリートチルドレン)の自立支援や、スリランカの農村地域の女性たちの自立支援に取り組んでいます。

ギャラリートーク「現場報告:写真の向こう側のアジア」では、フィリピンスリランカの事業を担当するスタッフ2名が、現場で撮影してきた写真をお見せしながら、現地の人々の暮らしや困難、自立への道のりなどをお話しする予定です。

ぜひたくさんの方々に来ていただきたく、取材やイベント告知、イベントへのご参加をお願いいたします。

(写真展や写真展会期中のイベントへの取材・ご参加も歓迎です)

ギャラリートーク概要/
「現場報告:写真の向こう側のアジア

日時:2019年11月23日(土)14時~15時
会場:MGG(光村グラフィックギャラリー)《東京都品川区大崎1-15-9 光村ビル1階》
・JR/りんかい線大崎駅」南改札新東口より徒歩6分
東急バス渋谷駅大井町駅)「居木橋」前
申込:申込不要です。直接会場にお越しください。
会費:無料
登壇者:鈴木真里(ACC21事務局長、スリランカ事業担当)、辻本紀子(ACC21広報、フィリピン事業担当)


\写真展概要/
アジア子どもと女性に夢を 第23回写真家達によるチャリティー写真展」
会期:2019年11月22日(金)~11月26日(火) 11時19時半(最終日は18時まで)
会場:MGG(光村グラフィックギャラリー)《東京都品川区大崎1-15-9 光村ビル1階》
・JR/りんかい線大崎駅」南改札新東口より徒歩6分
東急バス渋谷駅大井町駅)「居木橋」前
展示方法:額装 作品2L判 約300点を展示
販売価格:10,000円(額共) 即売方式(そのままお持ち帰りいただけます)
寄贈先:認定NPO法人アジアコミュニティセンター21(ACC21)
企画・運営:フォトボランティアジャパン基金
協力:光村印刷株式会社、ハクバ写真産業株式会社


\その他 写真展会期中のイベント
◎開会レセプション
11月22日(金) 18:0019:30
皆様ぜひご参加ください(参加無料)

◎写真家によるギャラリートーク
RESISTANCE カンボジア屈せざる人々の願い」
11月23日(土) 16:0017:00
写真家の高橋智史氏がお話されます。(参加無料)

◎写真をお撮りします(予約制)
「生きているあかし~遺影にもなるポートレート撮影~」


11月22日(金)11:00~16:00
11月24日(日)、25日(月) 11:00~17:0
展示作品をお買い上げの場合は無料、撮影のみは3,000円です。
《予約・お問合せ先》 お電話:090-2626-1005 FAX:03-6260-6020


ギャラリートークに関するお問合せ先
認定NPO法人アジアコミュニティセンター21(ACC21)
メールinfo@acc21.org
電話:03-3945-2615
ウェブサイトhttp://acc21.org

配信元企業:認定NPO法人アジアコミュニティセンター21

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ