工事中のビルの屋上付近から落下した鉄パイプが下の道路を歩いていた男性の頭に直撃し、男性が死亡した。

 19日午前8時20分ごろ、和歌山市駅近くの12階建てのビルで、屋上に設置された看板付近から長さ約1.5メートル、重さ約5キロの鉄パイプ1本が落下し、下の道路を歩いていた男性を直撃した。男性は大阪市に住む銀行員・板垣智之さん(26)で、和歌山市内の病院に運ばれたが約4時間半後に死亡が確認された。

 事故当時、ビルの屋上では看板の補修工事に使った鉄パイプの足場を解体していたという。警察と消防が安全確認に問題がなかったか調べている。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

映像:フェレットに噛まれ…17年間闘病の警察官死亡

工事中のビルから落下した鉄パイプ直撃し男性死亡 和歌山