メイン画像

本州付近には先週より強い寒気が流入。水曜朝はグッと冷えて、木曜朝は全国のアメダスの半数近くで霜が降りるほど気温が下がるでしょう。

水曜朝は前日との気温差大

きょう19日(火)は冬型の気圧配置となり、強い季節風が日本列島に冷たい空気を運びました。あす20日(水)にかけて流れ込む寒気(上空1500メートル付近)は、東北や関東から九州で先週よりも強く、今季これまでで一番の強さです。20日(水)の朝は各地で冷え込みが強まるでしょう。最低気温は、19日(火)よりも5度以上低くなる所が多く、北海道や東北北部は広く氷点下に。東北南部から九州も8度前後まで下がりそうです。通勤通学時は季節風が強めに吹いて、いっそう寒く感じられるでしょう。

木曜朝は今季一番の冷え込み

21日(木)の朝は風が弱まるため、放射冷却が強まっていっそう冷え込みます。全国にあるアメダスの3割以上で最低気温が0度未満の「冬日」となる可能性があります。また全国の半数近くで最低気温が3度以下の予想となっており、霜が降りるくらい冷え込むでしょう。仙台や東京、名古屋、大阪、福岡など東北南部から九州の都市部でも最低気温は今季これまでで一番低くなりそうです。毛布や厚めの掛け布団を用意して、体を冷やさないよう、お気をつけください。22日(金)も冷え込みの続く所が多いですが、23日(土)からは冷え込みが緩みそうです。

先週より強い寒気 全国半数で霜が降りるほど冷え込む