詳細画像はこちら

新型に生まれ変わったイヴォーク

今回のテーマプレミアムコンパクトSUVだ。新型レンジローバー・イヴォークに加え2台の主要なライバルであるアウディQ3とボルボXC40を用意した。生まれ変わったイヴォークは先代と似たデザインで、サイズも数ミリ程度しかかわっていないが、プラットフォーム刷新による実用性の向上や、マイルドハイブリッドの採用が魅力だ。

インテリアは大きく変わり、ヴェラール譲りの2枚のタッチスクリーンによりほぼすべての機能を制御することができる。ステリングにも先進的なスイッチが搭載されているが、わたしは路面から目を離さずに済む古典的なダイヤルが好みだ。

アウディも以前のダイヤルとボタン類を廃し、完全にタッチスクリーンに移行した。操作は比較的簡単だが、以前ほどの直感性はない。ボルボiPadのようなタッチスクリーンで、左右にスワイプして操作する形式だ。

後席は3台ともに十分な室内空間が確保されているが、ボルボベストのように思える。大人でも問題なく座れる広さが用意され、ウインドウのラインが低いことにより開放感が得られるのだ。

異なるアプローチの3台

内装は3台ともにプレミアムカーらしさを主張しているが、その手法は各々異なっている。アウディアグレッシブな見た目でシャープラインアルミの表面を多用している。それに対してボルボは北欧らしく柔らかな印象で、明るく落ち着いている。豪華さの際立つレンジローバーは、ずっと車内にたいくなる質感の高さだが、エルゴノミクス的には気になる点もあった。

荷室に目を向けてみると、スペック上の容量だけではわからない違いが見えてくる。容量はイヴォークが最大のようだが、開口部の大きさや高さなどはアウディが有利で、より使いやすい荷室が用意されている。3台中最も容積の小さいボルボは、フロアを変形させることにより使いやすくなっている。

詳細画像はこちら
レンジローバー・イヴォーク

次は走りを見てみよう。3台ともに2Lのディーゼルで、スティールのモノコックを採用している。イヴォークのマイルドハイブリッドは非常にマイルドで、モーターのみで走行することはできない。180psを発生し、非常に静かなパワートレインだ。ギア比やエンジンセッティングのせいか、低速域ではややレスポンスが鈍い印象を受けた。

ジャガーランドローバーの得意分野である乗り心地とハンドリングは良好だ。ステアリングスムーズかつ正確で、レスポンスも適切だ。過剰な敏捷性はないが、衝撃が良く吸収され、洗練された乗り味になっている。公平に見てもキャビンの雰囲気やドライビングポジションは良好で、非常に完成度の高いクルマである。

完成度の高さでイヴォークの勝利

XC40に乗り換えてみると、ややロードノイズの大きさが気になった。綺麗な路面では良いが、少し荒れていると路面からの音が響き、エンジン音も大きめだ。しかしギアボックスは優秀で、シフトチェンジも非常に速い。車内には開放感があり、ハッチバックサルーンとは異なるゆったりとした空間が用意されている。

快適かつ直線での気持ち良さや旋回性の高さも魅力だ。ただし初期の応答性ではボルボに分があるが、それ以外ではレンジローバーはさらに上を行っている。

詳細画像はこちら
ボルボXC40

最後はアウディだ。車内の騒音は大きめで、エンジンボルボほど騒々しくないものの、ランドローバーよりは明らかうるさいだろう。内装も他の2台ほどの特徴はなく、ボルボクールさやレンジローバーの洗練性や高級感もない。

アウディはおそらく俊敏なクルマにしあげたかったのだろう。確かに敏捷性は高いが、それと引き換えに乗り心地も硬い。1つ言っておきたいのは、もし敏捷性を求めるのであれば、車重や車高の面で不利なSUVを選ぶべきではないということだ。この点では、中途半端なクルマだと言わざるを得ない。

詳細は動画にてお楽しみいただきたい。


アウディの記事
レンジローバー・イヴォーク/ボルボXC40/アウディQ3
独アウディ、CEOを交代へ 新任はマルクス・ドゥスマン
アウディA1シティカーバー
10月のインポートカー販売 前年比、大幅減 伸びたアウディ/PSA/ランドローバー

ボルボの記事
レンジローバー・イヴォーク/ボルボXC40/アウディQ3
世にも奇妙なクルマのオプション17選 レコードプレーヤーからバイオウェポン対策まで 後編
新型ボルボS60日本発売 T5インスクリプション試乗 V60の4ドア・セダン版、長距離ツアラー的
ボルボ新インフォテインメント 「スマホ並の使いやすさ」 EVのボルボXC40に採用

レンジローバーの記事
レンジローバー・イヴォーク/ボルボXC40/アウディQ3
レンジローバー・イヴォークを購入しました ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録
後ろ髪を引かれながら、ジャガーXEを手放す 次に選ぶのは ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録
森星、なぜランドローバー・アンバサダーに? 日本法人CEO「情熱とチャレンジ」投影

■動画の記事
レンジローバー・イヴォーク/ボルボXC40/アウディQ3
ホンダ・シビック・タイプR/フォード・フォーカスST
BMW M2コンペティション/アルピーヌA110
日産スカイラインGT-R(R34)/リッチフィールドGT-R(R35)

■比較テストの記事
レンジローバー・イヴォーク/ボルボXC40/アウディQ3
ホンダ・シビック・タイプR/フォード・フォーカスST
トヨタ・カローラS/カローラツーリング・ハイブリッドWxB
マツダCX-30 20S Lパッケージ(2WD)/XD Lパッケージ(4WD)

最高のプレミアム・コンパクトSUVは レンジローバー・イヴォーク vs ボルボXC40 vs アウディQ3