合成麻薬のMDMAを所持していたとして逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者。彼女が警視庁の調べに対して、薬物は10年以上前から大麻やMDMALSDコカインを使用していたと話していることが分かった。元厚労省の麻薬取締官は「経験上、こんなに複数の薬物を使用している人は見たことがない」と話している。

16日朝、家宅捜索に入った捜査員に「ここにあります」と沢尻エリカ容疑者自らの申し出で、アクセサリーケースの中敷の下からからカプセルに入ったMDMAの粉末約0.09gが発見された。このMDMAについて「数週間前にイベントでもらった」とし、他にも大麻やMDMALSDコカインを10年以上前から使用していたと供述しているという。

19日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)で元厚労省・麻薬取締官の高濱良次氏は、この供述に「経験上、こんなに複数の薬物を使用している人は見たことがない。薬物に溺れていた可能性が高い」とし、仕事への影響については「精神的に侵され、快感が頭に残っている。記憶障害、幻覚、幻聴が起き、正常な脳ではなくなってくる可能性も」と指摘している。

火曜コメンテーターの菅野朋子弁護士も、「私も覚せい剤や薬物の案件を扱うが、確かにここまでやってる人は見たことがない。相当、溺れてたというのが分かる」と語る。ただ過去の薬物使用歴まで供述していることから、「もしかしたら本人は逮捕されて、逆にホッとしている部分があるのかもしれませんね」と推測した。

一方、同じく火曜コメンテータージャーナリスト・青木理氏は、色々な薬物を使用していたという情報に注意を促す。捜査当局は薬物事件の場合、芸能人を“一罰百戒”的に扱う場合があるので「沢尻容疑者が言ったとされるだけで何の検証も行われず報道することは危険だ」という見解を示している。
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト