gunshot-1632387_640

kerttu/pixabay

 アメリカニュージャージー州に住む女性は、就寝中、激しい銃声の音で目が覚めた。これは事件が起きていると慌てて警察に通報。だが警察が家の中や周辺を調べても何の不審な点は見当たらなかった。

 それもそのはず。銃声は女性の頭の中で起きたものだからだ。

 これは、「頭内爆発音症候群(Exploding Head Syndrome EHD)」と呼ばれるもので、寝ている間に頭のなかで爆発音を聞いたり、ときには閃光を見たりする現象のことだ。

 統計ではアメリカ人の5人に1人がこの現象を体験しているという。

―あわせて読みたい―

恐るべき6つの不気味な睡眠障害
頭の中で爆発音が!20%の人が経験したことのある入眠時に起こる「頭内爆発音症候群」とは?(米研究)
眠れない?疲れが取れない?睡眠障害はテクノロジー依存症の可能性大
ギャグを言わずにはいられない、ご飯と食べると酔っ払う。現実に存在するとは信じがたい5つの奇病・症候群
心霊体験は実在する。ただしその要因はほとんどが睡眠麻痺と頭内爆発音症候群に起因すると心理学者

突然の銃声に目覚め、警察に通報

 ニュージャージー州ウッドベリーに住むジル・ラファティさん(64歳)は、2017年11月のある日の夜、自宅寝室で就寝中、突然の激しい銃声の音でベッドから飛び起きた。

 不審者による発砲だと確信し、警察に通報。ところが、やってきた警察は何も不審な点を見つけることができなかった。

 その1か月後、ジルさんはまた寝ている時に銃声を聞いた。この時も周囲に異常はなかった。その後もきたびたび銃声の音が響き渡るという奇妙な現象が続き、ジルさんは自分がおかしくなってしまったのではと悩んだという。

iStock-1083793418_e

Image by l.glz./iStock

その銃声は頭の中にあった


 心配になったラフィティさんは自分の症状について調べてみたところ「頭内爆発音症候群」に行き着いた。

 頭内爆発音症候群とは、眠ろうとすると頭の中で爆発音がしたり閃光が見えるというもので、今のところ原因は不明となっている。

 ジルさんが病院の医師にそれを伝えると、医師は珍しい症状ゆえに「聞いたことがない」と口にし、結果として診断が下されたものの、現時点では完治する治療法がないことがわかった。

 現在も、ジルさんは月に数回、ランダムに訪れる爆音が原因で、恐怖のあまり十分な睡眠を取ることができない苦しさと闘っている。

woman_e

 
 実はジルさん、2016年に突然発作を起こし、生死の境をさまよい4か月間入院したことがある。それから1年後、この奇妙な経験をするようになったそうだ。

私の場合、爆音が聞こえるのが入眠時か目覚める直前なのか、または睡眠中なのか、はっきりとはわかりません。でも、とても大きな音で、誰かが耳に向けて銃を発砲するように感じます。その症状に悩まされる原因は、2016年の発作ではないかと私は思っています。

回数はたった1回で、銃声だったり、爆発音だったり、2つのシンバルがぶつかり合う音だったりいろいろですが、爆音が耳の皮膚を突き破る感覚が睡眠時にのみ起こるのです。きっとこの恐怖は誰にも想像できないでしょう。


iStock-1069687556_e
Image by Gearstd/iStock

頭内爆発音症候群と耳鳴り、睡眠障害を抱えるジルさん


 ジルさんは2年間この苦しみと闘っており、当初のように動揺はしなくなったものの、恐怖に悩まされ続けている。

爆音はランダムに月に数回起こるのですが、毎晩ストレスと不安が睡眠を妨げていて、十分眠ることができません。

耳鳴りも、いつも聞こえているのですが、買い物や運転中など忙しくしている時にはそれほど気付きません。

ただ、睡眠時の恐怖が大きいので、ベナドリル(抗ヒスタミン剤)を飲んでいますが、1日4時間ほど眠るのがやっとです。完治する治療法がないので、一生この症状と向き合っていかなければならないのです。


 現在、ジルさんは耳鳴りに悩まされる人たちのグループサポートする団体に参加しているそうだ。

References:New York Postなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284706.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

続報:あのロボット科学者が世界初の完全サイボーグ化手術に成功、ピーター2.0がオンラインに
無限1upするのか?口ひげが似合う配管工を募集中(千葉県)
キスがないだと!行ってきますのキスをせずに仕事に行ったママへの不満をパパにぶつける2歳男児(アメリカ)
史上最年少の9歳で大学を卒業予定、IQ145の天才少年(オランダ)
ワームホールを利用して雨を降らせる装置を開発したと主張する発明家、農民たちを騙していると物議をかもす

―知るの紹介記事―

6度目の大量絶滅はいつ起こるのか?地球は今、大量絶滅に向かっているのか?科学者が試算(英研究)
大気中の二酸化炭素と水から作ったお酒が誕生。植物の光合成をヒントに開発されたウォッカ(アメリカ)
ポチが止まらない。ネットショッピング依存症は深刻な精神疾患につながると心理療法士が警鐘(ドイツ研究)
無限1upするのか?口ひげが似合う配管工を募集中(千葉県)
店内でポップなクリスマスソングを流すのを禁止。スタッフのうんざりに配慮したイギリスのお店
夜中に激しい銃声で目が覚めた女性が緊急通報、でも実は「頭内爆発音症候群」だったことが判明(アメリカ)