【元記事をASCII.jpで読む】

 16コア32スレッドRyzen 9 3950Xと同タイミングでの発表だったこともあり、陰に隠れてあまり注目されていないのがエントリークラスAPUの「Athlon 3000G」だ。2コア4スレッドとなるため性能は高くないが、GPUを内蔵しており、低価格PC自作に向いている製品となっている。

 このAPUのエンジニアリングサンプルを発売前に借りることができたので、そのポテンシャルを軽くチェックしてみた。

従来のAthlonと同じ仕様だが、倍率ロックがないのが特徴

 Athlon 3000Gの仕様を見てみると動作クロックは3.5GHzで、従来からあるAthlon 240GEと同じ。最大の違いは、動作クロックの倍率ロックがないことだ。つまり、「仕様上のスペックは同じだが、オーバークロック(OC)次第ではさらに上の性能が狙える」というメッセージと受け取れる。

 実物のAthlon 3000G(エンジニアサンプリング)で「HWiNFO」を使い詳細情報を見てみると、Athlon 3000GのSteppingは「PCO-B1」となっていた。ここで不思議なのが、この「PCO-B1」というのは12nmでZen+を採用したRyzen 3 3200Gと同じものだということ。公式発表では世代の言及はないうえ14nmプロセスとなっているのだが、このStepping情報を信じるならば、Zen+で12nmだという可能性も否定できない。

 そこで、編集部経由(11月19日現在)でAMDに問い合わせたところ、Athlon 3000GはZenでプロセスが14nmというのが正しいとの回答を得た。ただし、製品発表直後から閲覧できる仕様ページではグラフィックス周波数は「1000MHz」となっているが、これは「1100MHz」の間違いだとのこと。つまりAthlon 3000Gは、Athlon 240GEの倍率ロックをなくし、GPUクロック100MHz上昇させたモデルということになる。

AMD公式サイトのAthlon 3000Gページ:https://www.amd.com/ja/products/apu/amd-athlon-3000g

基本的なCPU性能をチェック
動作クロックが同じAthlon 240GEとの差はほぼなし

 Athlon 3000Gの性能検証のため、従来モデルとなるAthlon 240GEと、上位モデルとなるRyzen 3 3200Gを用意。この3つのAPUで、CPU性能とグラフィック性能を比較していこう。なおUEFIの設定はすべてデフォルトとし、細かなカスタマイズは行なっていない。また、Athlon 3000Gはあくまでエンジニアリングサンプルであり、製品版とは異なる結果となる可能性もある。

 今回テストした3つのAPUの主なスペック。Athlon 3000GはAthlon 240GEとスペックはほぼ同じとなっている。

 CPUクーラーはAthlon 3000G付属のものが用意できなかったことと、後で検証するOCのため、冷却能力が高いものへと変更した。マザーボードの設定はすべてデフォルトとしている。

 まずはCPU性能から。この検証には、CGのレンダリング速度からCPU性能を独自のスコアで表示してくれる定番ベンチマークソフト、「CINEBENCH R20」を使用した。コアをフルに活用してくれるだけに、最大性能をチェックするのに向いているソフトだ。

 4コア4スレッドとなるRyzen 3 3200Gが圧勝。Athlon 3000GとAthlon 240GEは動作クロックが同じということで結果にもほとんど差がないものとなった。一応はAthlon 3000Gのほうが上回っているとはいえ誤差の範囲で、明確な違いはない。

 続いて内蔵グラフィックの性能を見てみよう。こちらの検証には、定番のベンチマークソフトとなる、「漆黒のヴィランズ ベンチマーク: ファイナルファンタジーXIV」(FF14ベンチ)を使用した。

 今となってはやや軽めなMMORPGだが、ビデオカードを増設せずに内蔵グラフィックプレーするには、なかなか厳しい重さがある。今回は負荷を軽くするため、解像度はHD(128720ドット)、画質を「標準品質(デスクトップPC)」にした場合のスコアで検証してみた。

 内蔵グラフィックの動作クロック100MHz違うこともあり、Athlon 3000GがAthlon 240GEを少し上回る結果となった。スコア5000を超えており、不満なくプレーできる環境といえる。解像度フルHDにするのは厳しそうだが、画質はもう少し上げても大丈夫そうだ。

 これらのベンチ結果を見てわかるのが、Athlon 3000GとAthlon 240GEの性能はほとんど差がないことだ。デフォルト設定のまま使うのであれば、何のためにAthlon 3000Gを選ぶのかが分からなくなってしまう。

 やはりAthlon 3000Gの真価はOCしてこそなのだろう。そこで、どこまでOCできるのか、簡単に試してみた。

オーバークロックにチャレンジ
いきなり4GHzで動いて驚く

 最初はRyzen Masterを使って動作クロックを変更しようとしたのだが、最初の1回こそ変更できたものの、2回目以降は操作するだけでフリーズしてしまうようになったため、UEFIから倍率を変更するという方法に変更した。この方法で倍率を標準の35倍から上げていったところ、40倍……つまり、4GHzまで特に問題なくOSが起動してしまった。

 4.1GHzでも起動しないことはないのだが、OSの起動中にフリーズ、もしくは、起動後に何かソフトを動かそうとするとフリーズするといった状況だった。とはいえ、4.0GHzでは動作が安定。CINEBENCH R20も問題なく完走し、スコア888ptsから978ptsへと1割ほど上昇していた。

 なお、設定はAutoで試していたため、電圧がやや高めとなっていた。このあたりを詰めていけば、さらなる高速化も狙えるだろう。

立場が微妙なAPUだが、OCを純粋に楽しみたいというならおもしろい製品

 3.5GHzのAPUが簡単に4GHzで動作するというのはお得感があるが、それなら最初から高クロックモデルのAthlonとして販売してくれたほうが良かったのではないか、というのが正直な感想だ。もちろん、OCはOCで設定を詰めていく過程が醍醐味なので、この過程を楽しいと感じる人にとっては付加価値がある。

 いくらOCしたところで上位のRyzen 3 3200Gまで届くことはないため、性能を求めるとなると微妙だが、純粋にOCを楽しみたいという人には、なかなか遊べるAPUではないだろうか。

 日本での販売解禁は23日午前11時。予想価格は7700円前後となっている。

4GHzオーバーが狙える!OC可能なAPU「Athlon 3000G」の実力とは