沢尻エリカ

女優の沢尻エリカ容疑者(33)が、合成麻薬所持の疑いで逮捕されたことを受け、日本中に衝撃が走っている。

インターネット上では、共演者や視聴者から大絶賛を浴びた、沢尻容疑者の過去のバラエティ番組での名言が再び話題となり、彼女の才能を惜しむ声が続出している。

■ネット上の中傷に対し…

話題となっているのは、2017年4月11日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)での、沢尻容疑者の発言。

SNSに書かれた悪口」という話題の中でコメントを求められた沢尻容疑者は、「何とも思わないです」ときっぱり。

司会の明石家さんまから「どんな悪口書かれても気にしないの?」と聞かれると、「もう全然、『死ねばいいのに』とか。お前が死ねよみたいな(と思ってしまう)」と言い放ち、堂々とした発言にスタジオは拍手喝采。明石家も「それそれ~!」と絶賛していた。

関連記事:加藤綾子、“沢尻エリカとピエール瀧の共通点”に苦言 「失礼ですよ」

■才能を惜しむ声が続出

インターネット上では、沢尻容疑者の発言を振り返り「『オマエも死ねよって思う』って言ってたときから大好きだったのに。ヘルタースケルターも完璧だったのにあの役。私映画1人で観に行ったのに」「さんま御殿で見たときから好きだったから悲しい」など、沢尻容疑者の才能を惜しむ声が続出。

また、織田信長の正室・濃姫(帰蝶)役で出演予定だったNHK大河ドラマ麒麟がくる』の撮り直しも発表され、「沢尻エリカ大河ドラマ観たかったなぁ。適役だっただけに残念」といった声も相次いでいる。

■「薬物」でファン離れも?

実力派人気女優の突然の逮捕とあって、いまだ各所で混乱が続いている沢尻容疑者をめぐる問題。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,342名を対象に実施した意識調査では、全体で5割以上の人が「好きな芸能人が薬物使用で逮捕されたらファンを辞める」と回答している。

容姿端麗で高い演技力を持ち、歌手やモデルバラエティ番組などマルチな才能を発揮していた沢尻容疑者。そんな彼女が薬物に手を出してしまった理由とは、一体何だったのだろうか…残念でならない。

・合わせて読みたい→小栗旬、沢尻エリカ容疑者とのトークに反響 演技論の熱弁は届かず

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数)

沢尻エリカ容疑者、称賛浴びた「お前が死ね」発言 才能惜しむ声相次ぐ