5月1日に始まった新天皇の即位に関する主要な行事は、同日の「剣璽等承継の儀」「即位後朝見の儀」から、5月4日の一般参賀、10月22日の即位の宣明「即位礼正殿の儀」と「饗宴の儀」、そして11月10日のパレード「祝賀御列の儀」をもって終わった。

JBpressですべての写真や図表を見る

 上皇・上皇后が即位された30年前の小旗と歓声でパレードを見守る様とは格段に異なる様相を見せた。

 IT技術の発達はインターネットスマートフォンなどを普及させ、片手に小旗を持ち、もう一方では写真を撮ったり、映像を見る姿が散見される状況であった。

 自衛隊OBの筆者らは、パレードを一目見ようと沿道に並ぶ人々に小旗を配布するボランティアとして参加する貴重な機会をいただいた。

 5月の一般参賀でも同様の機会を得たが、いかに多くの国民が皇室に愛着を抱いているかを身をもって感得できた一方で、考えさせられる一事もあった。

大御心と大御宝

 陛下が国民を大事に思われる御心は、宮中祭祀や地方行幸で表わされる。

 5月の参賀の折に気温がどんどん上昇していったことから、午後からの参賀者にはお言葉に「暑い中にも・・・」を追加され、また最後の参賀は雷雨の予報から少々時間を繰り上げて実施されたことからも分かる。

 同様にパレード前日に行われた「国民祭典」で二重橋にお立ちになった陛下は、「今日は寒い中にもかかわらず・・・」と述べられた。

 天皇は国民を「大御宝」(おおみたから)との思し召しから、国民に対して「大御心」(おおみごころ)で接されておられるということであり、お言葉の追加や参賀の時間変更はこうした御心の具象であるに違いない。

 先の一般参賀と今回のパレードに裏方として奉仕して強く感じたことは、天皇は存在されることに意義があり、天皇あっての日本であるということである。

 遠くからぼやっとでもお姿を拝見しただけで、いや見えないでも現場の雰囲気から得も言われない感情を抱かないではおれない。

 言葉では表現できない、歴史を重ねた重みがもたらすものであろう。そうした空気は政治家からは決して感得できないものである。

 武家政権を打ち立てた武将や将軍たちも、天皇を「権威」の存在として戴き崇拝ながらも、時には利用して国家の統治に当った。爾後の日本は国家の安寧と国民の幸せを願い祈られる天皇を尊敬して今日に至っている。

 日本が世界に先駆けて、人種差別の撤廃や奴隷解放を説き、また植民地の独立に国家の命運を託して立ち上がったのも、大観すれば天皇を核心とした日本が人権を尊重する平和で独立した国づくりに成功していたからに他ならない。

 こうした日本の在り様を世界がいかに感じていたかは、ほとんどの国家・地域、そして国際機関が「即位礼正殿の儀」に参加したことが教えてくれた。

 また天皇と国民の間がどのようなものかは、小旗を嬉々として受け取り、何とも言えない笑顔をみなぎらせて「有難うございます」の言葉を発する姿に読み取ることができた。

 この「有難う」の奥には、「日本人でよかった」という思いが込められていると感じずにはおれなかった。

 これこそが、ボランティアをやりながら得ることができた最大の収穫であったが、少々残念に思うこともあった。

ラグビーW杯の大型ビジョンはどこへ

 それは、先のラグビーW杯ではいくつかの室内・室外でパブリック・ビューの施設が設けられ好評であったが、今次のパレードではそうした施設の活用がなかったということである。

 今回の小旗配りは国会議事堂前のパレード沿道に直行する路上で、約50メートル奥に入ったところで行った。その奥は検問場所で、すなわち検問を終えて沿道に向かう人々に対して小旗の配布を行なったのである。

 検問は正午開始予定を前倒しして始まったが、2段の検問(最初は手荷物検査と携帯飲料の試飲、2回目は身体検査)で時間を要し、パレードの車列が通過する時間(15時15分前後)になっても終わらなかった。

 検問を終えなかった人はもちろん車列を見ることは叶わなかったが、沿道には人が溢れ、検問を終えた人でも前へ進むことができず検問を済ませていない人と同様に車列を見ることはできなかった。

 検問所付近ではスマホで実況中継を見ていた人が、「車列が通過しています」と言っても、多くの人が「いまか今か」と待っている姿、そして「通過しました」の言葉にも「あれ、そう」と残念がる姿に、皇室を愛してやまない大御宝であることを確認したような気がした。

 ここで思うのは、5月の一般参賀でも多くの人が皇居前広場に取り残されていた。配る小旗がなくなった筆者らも参賀しようと急ぎ二重橋の方へ向かうが、途中でストップされ叶わなかった。

 その時、多くの人が何とも言えないため息を漏らしていたことを鮮明に記憶している。

 この時は思い浮かばなかったが、今次のパレードでは先のラグビーW杯で好評であった何百・何千人もが観られるパブリック・ビューイングがなぜ活用されなかったかということである。

 新年参賀でもせっかく皇居に行きながら、あまりに人が多く、またずっと後列のために両陛下だけでなく、並ばれた皇族方の誰一人見えないこともしばしばで、周囲からも「見えないな~」の呟きが聞こえる。

 そこで、最近は宮殿側方にやや大きな画面が設えられるようになった。

 今回は皇居前広場や国会議事堂前など、人員オーバーなどで沿道に近づけないで取り残された多くの人たちへの配慮はされていなかった。

 今後は皇居前広場の一角や、そこまで行きつけいな東京駅や大手門前あたりにパブリック・ビューイングを設置するなどの工夫があってもいいのではないだろうか。

休刊日の変更に柔軟性を

 なお、新聞の休刊日は関係者の慰労・休暇や取り扱う広告、あるいは新聞社の印刷機整備などに充てるためで、早くから周知されるが統一され義務化されているわけではない。

 ただ、いろいろな広告を扱う販売店の慰労・休暇などから一斉となるのが好都合とされる。しかし、重要な事象や関心事象があると大手新聞社は号外を出すくらいである。

 今回、パレードがあった11月10日の翌日は休刊日であり、どの新聞社も予定どおり休刊としたが、「祝賀御列の儀」は言うまでもなく重要行事であるため、号外を出したところもあった。

 しかし、号外を手にできるのは大都市周辺のほんの一部の人たちでしかない。一般購読者は行事の翌々日まで待たなければならない。

「御列の儀」は当初は10月22日の「即位礼正殿の儀」の当日に予定され、雨の場合は26日に延期となっていた。

 しかし、豪雨被害をもたらした台風19号の被害の甚大さからパレードが11月の休刊日前日に延期された。

 休刊日まで相当な日数ができたわけで、筆者には新聞社の任務放棄のように思えた。

 新聞の使命は事実をできるだけ速やかに正確に報道することである。休刊日前日に大きな行事が変更されて行われることが分かった場合は、変更が決まった時点で休刊日を変更する対応はできなかったのだろうか。

 自衛隊(や警察、消防、その他緊急対応組織など)であれば、休暇に入っている状況にあっても緊急招集での対応が求められる。

 報道機関にとっては事象の重要性や内容の正確性などが判定の基準であろうが、即位に伴う「御列の儀」は御代替わりという一世一代の重要事である。

 インターネットの進歩で速報性ではかなわないが、重要事項を紙面で報道する正確性で新聞に勝る媒体はない。今回の休刊は、そうした優位性を自ら蔑ろにし放棄したように思えてならない。

おわりに

 世界に誇る日本の安定は、126代の男系天皇で紡いできた伝統がもたらす権威(とこれに裏づけられた権力の二重構造)によるものである。

 従って、男女平等思想からくる女性宮家と女系天皇推進は日本の歴史と伝統を無視したものであり、また主権在民の名の下の皇室の廃止は混乱と流血の巷に陥れる革命の推奨でしかない。

 共産党は国民に親しまれる天皇・皇室を無視することができないために、国会の開会式などには参加するが、天皇の本質に関わる皇位継承に伴う行事には参加しなかった。

 その真意が那辺にあるかはいうまでもないであろう。

 天皇・皇室の弥栄は日本の安全と独立の根幹であり、世界の平和に寄与するものである。

 世界の歴史にない異端ではなく、歴史と伝統に輝く「世界の鑑」、師表である。この「自負」こそが国民に求められることであろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  安倍首相、中国の狡猾さをお忘れか

[関連記事]

GHQに洗脳され続ける日本でいいのか

皇室の弥栄は皇胤の存続があってこそ

11月10日に行われた「祝賀御列の儀」(写真:ロイター/アフロ)