主将のDF吉田麻也に代わってDF植田直通の相棒を務めた横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔。しかし、その試合内容は厳しいものとなった。

前半のうちにFWサロモン・ロンドンハットトリックを許すと、ジェフェルソン・ソテルドにもゴールを献上し、前半だけ0-4。苦しい展開に「前半はあの様な展開になってしまいましたけど、後半は切り替えて、日本を代表して戦っているということも含めて、もう一回やり直さなきゃいけないというのを強調していましたし、すごく伝わってきました」とハーフタイムに森保一監督から投げられた言葉を明かした。

後半はMF山口蛍(ヴィッセル神戸)のミドルシュートで1点を返し、なんとか見せ場を作ったが、4失点を喫したDF陣には厳しい評価となっている。

「一つ一つの試合で結果を残さなくてはいけないという部分では、今日は本当にダメでした。やっぱり主力メンバーがいないとこうなっちゃうんだと思われても仕方ないです」と多くのファンの期待を裏切る形となったことを悔やみ、「この経験したことをこの先に繋げるには、ここで止まっているわけでもないし、もっと上を目指して今のレギュラーの人たちを脅かすというのを、こういった試合でも自分のパフォーマンスをいつも以上にしなきゃいけない」とこの敗戦から学ぶことの重要性を語った。

これまでも東京ヴェルディから横浜FMへとステップアップし、成長を遂げてきた畠中。「今日のことをしっかり自分の中で消化して、まずはJリーグで切り替えて、考えながらプレーしなければいけないと思います」と、反省を口にし、切り替えることが重要だと強調した。

それでも、持ち味である縦パスで先制点の起点となった。「縦パスは自分の持ち味ということはわかっていましたけど、それだけではここに残ってられないと思います。まずはディフェンスなので、目の前の相手に点をとらせない、失点しない様に体を張るというのを実感できたので、また意識してやっていきたいです」と語り、攻撃よりも本職である守備での活躍が大事だと説明。まずは、横浜FMのリーグ優勝へ向けた残り試合で力を発揮する時が来た。

サムネイル画像