レノボエンタープライズ・ソリューションズは今年の7月16日、1Uラックサーバの約半分のサイズハーフサイズの超小型サーバThinkSystem SE350」を発表したが、11月19日、その詳細を説明した。

ThinkSystem SE350」は、エッジ・コンピューテイングに向けに設計されたx86サーバで、9月から提供が開始されている。

構成済モデルとして「ThinkSystem SE350 有線モデル」3機種と、「ThinkSystem SE350 無線対応モデル」3機種を提供し、価格は有線モデルが36万8,000円(税別)~、無線対応モデルが47万8,000円~(税別)。

標準ラックには、2台並べて設置することで1Uラック・サーバと同様のマウントが可能になるほか、壁に直接ビルトするための専用ラックオプション、縦置きに設置するためのブックシェルオプションなども発売する。

主な仕様は、 1ソケット Intel Xeon D-2100プロセッサー(4~16コア)、メモリは最大256G、有線(SFP+)モデルと無線対応(WiFi/LTEモデル(5G対応予定)があり、ストレージは最大16TB。本体サイズはW215×D376×H40mm、重量は最大3.75Kg。

レノボエンタープライズ・ソリューションズ 技術営業本部 本部長 廣川直哉氏は、「レノボとしては、初めてのエッジ・コンピューティング向けのサーバで、エッジ・コンピューティング特有の要件を考慮してデザインされたサーバだ」と説明する。

同社は、通信量の増加、柔軟性、レイテンシーの最小化、プライバシー・個人情報保護の観点で、今後、エッジサーバ伸びると予測しているという。

同社が考えるエッジ・コンピューティング特有の要件は、高温・振動・埃への対応、IT担当者が不在、攻撃者が物理的にアクセス可能な環境、有線のネットワークがない場合での利用、多様な設置環境、完全な仮想化スタックだという。

とくにセキュリティを一番の優先順位で設計したといい、物理的な面ではシャーシ侵入検知により、許可なく移動したり、シャーシの蓋を開けると反応し、3段階の振動センサーも装備。ケンジントンロックへの対応も行っている。

電子的なセキュリティとしては、ThinkShieldを利用し、一度、Webアクティベーションしないと工場出荷状態では起動しない仕組みや、自己暗号化ドライブSED)によるデータ保護、改ざん検出時のアクションの自動実行機能などがある。

多様な環境での使用が想定し、稼動可能温度は摂氏0~55度、防塵対応、対衝撃/対振動構造で、動作時衝撃は30G、動作時振動は3Gに対応する。

そのほか、XCarityコントローラを搭載し、リモート管理が可能になっている。

レノボエンタープライズ・ソリューションズ ソリューションアライアンス本部 担当部長 ビジネス開発マネージャー 内田修氏は、想定利用用途として、小売り、産業/製造、監視カメラ、医療、文教、ホテル、スタジアム映像分析、デジタルサイネージ連携、アミューズメントパーク、ショッピングモールなどを想定しており、ビジネスパートナーとともに業種カットで、20のシナリオを用意しているとした。

また、5Gへの対応も予定し、ドローンによるAI映像分析も有力な用途だとした。

同社今後、ビジネスシナリオを想定したパートナー経由、大手企業を中心とする直販による販売を柱に訴求していくという。
(丸山篤)

画像提供:マイナビニュース