電通、電通デジタルサイバーコミュニケーションズ(CCI)のグループ3社は11月19日インターネット広告の新たな取り組みとして、プレミアムな媒体における厳選したコンテンツ内にインストリーム動画広告(動画内に流れる広告)を配信する「Premium Reserveインストリーム動画広告」を提供開始した。

サービスの配信先コンテンツは、2つの条件を満たすものに限定するという。

1つめの条件は、有力な媒体社が管理する動画コンテンツであること(ユーザー投稿型の動画ではないこと)。2つめは、適法であること(違法なアップロード動画ではなく、著作権肖像権等の処理がなされていること)。

広告の掲出先は民放のキャッチアップ配信(各放送局の配信サイト・公式ポータルTVerGYAO)となり、媒体の選択も可能という。

サービスにより、「People Driven DMP」(PDM)などの広範なデータに基づくターゲティング配信が可能としている。
(山本善之介)

画像提供:マイナビニュース