モデルプレス=2019/11/20】好きな彼に会いたいけど、なかなか会えない…。そんな女性はもしかしたら彼からの「誘われ待ち」状態になっていませんか?彼の方も、なかなかキッカケを掴むことができず誘えないままの可能性も。今回は、男性に会いたいと伝えるLINEをご紹介します。

好きな人とのLINEが長く続く5つの秘訣|送る頻度と注意点

♥彼の趣味に興味を示してみる

例えば、音楽が趣味の彼。

ライブにもよく行っている…という場合、「私も最近〇〇の△△を聞いてみて、ぐっときた! 今度ライブ行ってみたいな~」といった、興味を示すようなLINEを送ってみましょう。

これなら、彼からすると「今度行くけど、来てみる?」と誘いやすい状況になります。

また、恋愛心理としても、同じ興奮を共有するというのは2人の距離を縮めるのに役立つといわれています。

2人でライブスポーツ観戦など興奮を“共有”するきっかけにもなるため、今よりグッと距離が縮まるデートをすることが可能になりますよ。

♥さくっとご飯を食べに行くのを提案する

お互い働く大人同士であれば、「さくっとご飯を食べに行く」という提案を送ってみるのも良いでしょう。

「明日、さくっと〇〇でご飯しない?」と軽くLINEを送るだけでも、彼と会いたい気持ちを伝えることができます。

このLINE術のメリットは、誘い方に重さを感じさせないことと、“明日”とすぐ近くの日を指定することで断りやすい雰囲気を作っている…というのが挙げられます。

いずれにしても、仕事終わりにさくっとご飯を食べながらおしゃべりがしたい…くらいであればあなたから好意を向けて、会いたいサインを出してみても良いでしょう。

女性からこのようなお誘いを受けて、嫌だと思う男性はほぼいないはず。

もしあなたに好感を持っているのなら、後日誘い直してくれるかもしれませんよ。

リクエストをしてみる

このLINE術は、相手が少し脈ありかな?と思えるときに、効かせたいテクニックになります。

「今週は繁忙期でちょっと疲れたの。焼肉食べたいな~」といった感じで、今やりたいことをか軽く言ってみましょう。

女性によっては「甘えているって思われないかな…」と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、男性の中には好感を持っている女性の願いをかなえることに対して、女性が想像する以上に喜びを感じる人もいます。

わがままかな?と思わずに、素直にやりたいことをリクエストしてみましょう。

最後の切り札は直球ストレートの「〇〇君に会いたいな」

ここまで、さりげないけれどあなたのほうから会いたいと思っていることを伝えるテクニックをお伝えしましたが、何にも勝るLINEはずばり素直に思いを書くこと。

自分そのものを必要とされている、こんなにシンプルで心が動かされるものもありません。

なかば告白にも近い内容になりますので、あなたの思いが成就するかしないか結果が出てしまう可能性があります。

もし彼が内気でなかなかあなたに対して行動を起こせない様子だったり、あなたがもう少しだけ彼と距離を縮めたいというのであれば一歩踏み出してみましょう。

いかがでしたか?

誘われ待ちをずっとするのではなく、自分らしく「会いたい」という気持ちを彼に伝えて

脱「誘われ待ち」して、あなたらしく「会いたい」の気持ちを伝えてみませんか?

LINEはそんなときの心強い味方です。

有効に使ってみてくださいね。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

男性に「会いたい」と伝えるLINE4選 これはデートしたくなる!(photo by lpictures/Fotolia)