DIGNA Classic 1887
DIGNA Classic 1887

明治20年創業、今年で132年の歴史を持つ眼鏡店・株式会社金鳳堂(東京都港区、代表取締役社長:恒吉裕司)は、11月20日(水)・金鳳堂全店にて、眼鏡店として長年に渡り培ってきた経験を活かし、情熱を注ぎ込んで制作したオリジナルフレーム「DIGNA Classic 1887」「ETOS Premier」の販売を開始します。日本の職人ならではの洗練された丁寧な手仕事により、細部の作りにこだわった時代の流れに左右されない、そして掛ける人に懐かしくも新しい感覚を抱かせる大人のアイウェアをご紹介します。


オリジナルフレームのご紹介


DIGNA Classic 1887〈ディグナクラシック1887〉


クラシカルなデザインと掛け心地の両立がコンセプト。手の込んだ繊細な細工にクラフトマンシップを感じるヴィンテージアイウェアのデザインを日本の最新技術により進化させています。特筆すべきは、そのディテールの美しさ。掛ける人にも懐かしくも新しい感覚を抱かせる仕上がりです。


DIGNA Classic 1887 001
DIGNA Classic 1887 001

彫金風加工がクラシカルなたたずまいを演出するツーポイントフレーム。マンレイブリッジと呼ばれるノーズパッドパーツブリッジが一体となった仕様など、細部のこだわりが際立つのは縁なしメガネならではのもの。ゴールドシルバーカラーモデルには2ミクロンの厚メッキを採用し、上質感漂う輝きを実現。


DIGNA Classic 1887 002
DIGNA Classic 1887 002

主張を抑えたリムデザインと中央に渡る存在感溢れるブリッジの対比が美しいモデル。左右のメタルテンプルと角を強調した天角キーホールデザインブリッジとの間に、絶妙なバランスでトレンドのボストンシェイプがおさめられている。重厚感をそぎ落としたように映るのは、前面と側面のアセテート生地のバランスによるもの。


DIGNA Classic 1887 005
DIGNA Classic 1887 005

天地幅をしっかりとったスタンダードボストンシェイプを、トレンド感のあるバランスのとれたサイズにまとめた仕上り。手彫りを施したようなエングレーブと呼ばれる彫金風加工がクラシカルなオーラを放つ。飾りリムと呼ばれるリムの側面を走るミル打ち仕上げや純チタン製のメタルパッドシンプルデザインを豪華なまでに盛り立てる。


DIGNA Classic 1887メガネフレーム各52,800円(税込)


DIGNA 金鳳堂HP

金鳳堂


DIGNA Classic 1887 公式HP  https://www.digna-classic.com/

ETOS Premier〈エトスプルミエール>


ETOS Premier〈エトスプルミエール>
ETOS Premier〈エトスプルミエール

 ETOS Premier〈エトスプルミエール> 002
 ETOS Premier〈エトスプルミエール> 002

ETOS Premier〈エトスプルミエール> 002
ETOS Premier〈エトスプルミエール> 002

ツールとしての機能とアクセサリーとしての美しさを兼ね備えた自然体で日常を楽しむ洗練された女性のためのアイウェア。鯖江の自社工場を中心に企画から製造、販売までを一貫して行うことで圧倒的なクオリティを実現しました。丁寧につくられたものだけがもつ美しい光沢や独特の質感をご覧ください。ETOS Premier メガネフレーム各41,800円(税込)
こだわりの質感、掛け心地を是非店頭で、お気軽にご試着ください。ご来店を心よりお待ちしております。


新ブランド ETOS Premier(エトスプルミエール) | INFORMATION | 金鳳堂


金鳳堂京橋本店、各百貨店メガネサロンなど


取扱い店舗について詳しくは金鳳堂HP、店頭またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。


104-0031
東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン1階 金鳳堂京橋本店
TEL 03(3517)3331
東京メトロ銀座線京橋駅」直結、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩5分
都営浅草線宝町駅」から徒歩3分、JR「東京駅」から徒歩5分
営業時間:平日11:00~20:00
土日祝日 11:00~19:00



会社概要


会社名:株式会社 金鳳堂
創 業:1887年
設 立:2009年1月15日
代表者:代表取締役社長 恒吉 裕司
資本金:1億円
事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に扱う眼鏡専門店
     百貨店メガネサロンの運営


DIGNA Classic 1887