香港で学生と警官隊の衝突が激しさを増す中、17日に香港理工大学周辺で逮捕、身柄を拘束され、19日深夜に解放された東京農業大学3年の井田光さん(21)が取材に応じ「拘束時に暴力を振るわれた」と話した。

 香港国際空港で取材に応じた井田さんは「暴行罪としか言われていない」と答えると「デモの付近にいた事によって厳しく捜査された。デモには参加していないし、何もしていない」と説明。

 さらに拘束から取り調べなどの状況については「拘束され、バスに載せられて警察署へ連れて行かれた。取り調べは『日本人なのか?』など簡単なものだった」と話した。また拘束時の所持品については「少しのお金と学生証と保険証、携帯のみ。何も提示する物がなく、ゴタついてしまった。パスポートを所持していなかったことが、相手の不信感につながってしまった。フライトが近かったので…それに英語が通じないところでもあったので、これからどうなるのかという不安はあった」などと本音を明かした。

 そのうえで旅行者に向けては「パスポートを所持することだったり、情報収集することだったりをしてもらえれば」と自らの教訓を踏まえて語った。(AbemaTV/AbemaNEWS
香港で逮捕・釈放の東農大生「拘束時に暴力を振るわれた」「パスポートを所持しておらずゴタついた」