こんにちは! 「ブラック企業アラート」運営者の當瀬(とうせ)ななみです。本連載では大学生大学院生、転職希望者向けに「企業のホワイトブラック度を見分ける方法」を紹介しています。

コメダ珈琲
コメダ珈琲熊谷店 CC BY 2.0
 今回は、デニッシュパンの上にたっぷりのソフトクリームが乗った「シロノワール」で有名なコーヒーチェーンコメダ珈琲コメダホールディングス)」を取り上げます。

 同社は、実社会でもTwitter上でも安定した人気を誇り、卵の入ったミニサンド2切れと唐揚げ2個のセット「ミニコメバスケット」が10月に販売開始されると、ネットでは写真と実物のサイズが(いい意味で)違いすぎると話題になりました。

 こうした好意的なツイートまとめがTogetterでトレンド入りしていることを踏まえて、「コメダ珈琲はなぜここまで愛されるのか?」について、企業調査を通して解き明かしていければと思います。

シロノワール
季節のシロノワールの紹介画像(※公式「新商品・キャンペーン」より引用)

コメダ珈琲の調査観点

 企業調査をするにあたって、私の場合は下記3点について調査・判断しています。

ビジネスモデル…その会社の将来的な成長可能性、潰れにくさを見るため
・社長の人物/キャラトラブルが多い人物だと会社もトラブルに巻き込まれやすいため
・社風…実際に働いてみた時の雰囲気が合うかを把握する必要があるため

 今回も同じ観点で調査を進めていきます。なお、本記事は「インターネット上に公開されている情報」のみを使って書いています。インサイダー情報の類は一切含めていません。

1)ビジネスモデル:市場規模は1兆円まで下落

 まず、外食産業について概観します。データは公益財団法人食の安全・安心財団が提供する「外食産業市場規模推移」のエクセルデータを利用しました。

 外食産業は大きく「給食主体部門」「料飲主体部門」の2つに分かれ、喫茶店は飲み物メインの提供になるため、後者に属します。後者は外食産業の中では売上高は2割程度と、外食産業の中ではサブ扱いであると考えられます。そこで今回は、喫茶店の売上推移を抜き出してグラフ化してみました。

シロノワール
喫茶店の売上推移 ※「外食産業市場規模推移」データを利用して筆者作成
 1982年に1.8兆円の市場規模になったのを最後に2010年頃まで減少の一途を辿り、1兆円まで落ち込みました。直近の業界規模はわずかに回復傾向にあることが伺えます。

増収増益が続いて、出店数も増加

 続いて、コメダ珈琲の売上推移を確認します。コメダホールディングス全体の売上収益・営業利益の推移は下記の通りです。

シロノワール
売上収益・営業利益 ※財務情報ハイライトより
 コメダホールディングス全体の売上収益・営業利益は、コメダ珈琲以外の業態を含みますが、店舗数のうち97.5%がコメダ珈琲業態となっているため、上記の表もほとんどコメダ珈琲のものと見なせます。

=====
コメダ珈琲店 849店舗
・おかげ庵 9店舗
コメダ謹製やわらかシロコッペ 11店舗
コメダスタンド 2店舗

2019年8月末時点)
=====

 通期では2016年度から2019年度まで全て増収増益となっており、大変好調です。コメダ珈琲の出店数も順調に伸びており、直近はコメダ珈琲業態に限定すると14店舗が増え、うち直営店は4店舗です。

シロノワール
各業態の新規出店・閉店数 ※2020年2月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)より引用

ロイヤルティは毎月固定額

 店舗数増加のうち、フランチャイズが占める割合が高いのもコメダ珈琲の特徴ですが、それはフランチャイズ制度が充実しているためでしょう。

シロノワール
ランチャイズページトップより引用
 公式サイトの「フランチャイズオーナー募集」では、加盟時に支払う金額を含めた条件が明示されており、必要な金額の規模感がイメージしやすいです。また、詳細な「フランチャイズ契約の要点と概説」資料も公開されていて、問い合わせ前に検討がしやすくなっています。

 また、フランチャイズ店舗の場合、ランニングコストとして「ロイヤルティ」の支払いも毎月必要になりますが、コメダ珈琲の場合は「席数固定」制をとっており、ロイヤルティは毎月固定額です。

 これによって、売上が上がるほど、フランチャイズオーナーの取り分が増える仕組みになっています。

シロノワール
コメダロイヤルティ説明図解 ※公式サイトより引用
 しかし、フランチャイズオーナーとして加盟する場合、開店時に最低数百万の資金が必要になるため、参入ハードルが高くなりすぎるのがネックです。それを緩和する狙いか、正社員として働きながら独立を目指すこともできる「独立支援制度」も用意されています。

 つまり、柔軟かつ丁寧なフランチャイズ制度(なお、フランチャイズオーナーからの訴訟件数は直近5年間ゼロ件です!)を通して、店舗数拡大と売上・利益増を実現できていると言えます。

2)社長のキャラ:現場主義のプロ経営者

 現社長は臼井興胤(うすい おきたね)さんです。日本マクドナルド最高執行責任者・セガ代表取締役社長・米グルーポン東アジア統括副社長を歴任して現職となった、いわゆる「プロ経営者」です。

 臼井さんは2013年株式会社コメダ代表取締役社長に就任。株式会社コメダホールディングス代表取締役社長も兼務しています。

 就任後の2016年コメダホールディングスは東証一部上場を果たし、1968年の創業以来、愛知県中心に展開していたコメダ珈琲の全国的な拡大・ブランド定着に多大な貢献をしています。

 臼井さんの特筆すべきエピソードはいくつかあり、どのエピソードでも徹底した現場・お客様主義の経営者であることが伺えます。

 経済ジャーナリストの高井尚之氏が寄稿した2015年12月の「ビジネスジャーナル」の記事では、

マクドナルドでもコメダでも入社前は立場を隠して、各店舗でアルバイトとして働いた。今でも毎週木曜日の朝6時から9時までは、コメダ本社社屋の1階にあるコメダ珈琲店葵店で自らコーヒーを淹れて来店客に提供している>

<臼井氏に取材を依頼した際の面白いエピソードがある。週末に同氏が取材に応じる場所として自宅近くのFC店を予約しようとしたところ、「週末は一段と混むので座席の予約はご遠慮ください」と丁重に断られたという。結局、別の直営店で取材したが「社長よりも客が大事」なのは、お客様第一の姿勢として健全といえよう>

 といった興味深いエピソードも紹介されています。

3)社風:フランチャイズの権限が強い

 外食産業には珍しい傾向ですが、フランチャイズ店舗の権限が非常に強いことで知られています。創業者の意向によるもので、創業時は「のれん分け」主体で店舗数拡大をしていった名残りであるようです。

=====
フランチャイズ店舗の権限が強い例

・「裏メニュー」として「アジの開き定食」が存在する
・FCオーナーキャンペーン協力を打診したら一蹴される

※臼井興胤●コメダホールディングス代表取締役社長
コメダがFC店の『裏メニュー』を完全排除しない理由」(2017.11.7)
=====

 ただ、完全にフランチャイズ店舗の自由裁量に任せているわけではなく、本部でブランドコントロールに必要な部分と、各フランチャイズ店舗において自由にしておく部分を絶えず調整しながら運営されているようです。

 これが、コメダ珈琲に入ったときに感じる「何となくくつろげる感じ」の源になっているのかもしれません。余談ですが、終電間際の新宿でとりあえずお茶を飲みながら話したい時にコメダ珈琲はめちゃくちゃ重宝します(!)。

社員の給与は年収450万円台

 引き続き、従業員・アルバイトスタッフの評判を見ていきます。ただし、各種口コミサイトは転職支援事業をビジネスにしており、各企業がクライアントにもなっている関係上、著しい悪評は公開されないようになっています。

 その制約を踏まえて、特徴を整理していきます。

シロノワール
株式会社コメダの評判トップ ※カイシャの評判より引用
■良い点
・社員でも土日休める店舗がある
・元旦勤務時に社長からお年玉がもらえることがある
・休憩がとりやすい

■気になる点
・入社後の給与は上がりにくい
・各店舗でオペレーションのバラツキが多い
・自分のミスで間違えて作ってしまったフードやドリンクを社員価格で購入しなければならない(自分で食べる事はできる)
・雰囲気の悪い職場がある

 本部が完全にコントロールしているわけではないので、各店舗の個性が強い傾向が労働環境にも現れています。社員が土日休める店舗がある一方で、社員が休む暇もなく働く店舗もあります。

 社員の給与は、サンプル数は少ないですが、年収450万円台(ウェブサイト「カイシャの評判」より。社員・元社員10人の投稿で平均年齢38.4歳)となっています。宿泊業・飲食サービス業の年収平均が男性330万円・女性242万円から考慮すると比較的高い水準にあります(「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」より)。

ホワイト/ブラック度判定

★★★☆☆

 薄利になりやすい飲食ビジネスで増収・増益を達成しつつ、顧客満足も両立させている稀有な企業です。また、トップダウン式ではなく、各フランチャイズの裁量があり、フランチャイズ経営者のモチベーションを良好に保っている点も特記すべきです。こうしたところにコメダ珈琲が「愛される理由」があるのかもしれません。

 ただし、アルバイトなどの現場スタッフとして働く場合、「各店舗で細かなフロー・方針が異なる、完全にオペレーショナルな業務ではない」点がネガティブに働く可能性があります。そのため★を1つ下げています。

TEXTブラック企業アラート

【ブラック企業アラート】

ブラック企業を生き抜いた歴戦のプロダクトマネージャーが、公開情報からホワイトorブラックを判定し、率直な理由とともにお伝えします。twitter:@blackc_alert、note:ブラック企業アラート

コメダ珈琲熊谷店 CC BY 2.0