巨人の山口俊投手が18日、今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグ移籍を目指すことを表明した。巨人からは過去に松井秀喜上原浩治高橋尚成FA宣言してメジャー移籍したことはあったが、ポスティングシステムでの移籍は初めてとなる。

・合わせて読みたい→
これじゃトレード?!ロッテと楽天でFA宣言選手同士が入れ替わる事態に(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fa-player-replaces-team/)

巨人で初めてポスティングシステムでのメジャー移籍を容認


 球界の盟主とも呼ばれる巨人は、一貫してこのポスティングシステムを容認してこなかった。高卒野手として1年目から1軍出場していた松井は、28歳とまだ若い年齢で海を渡れた。ただ大卒で浪人経験のある上原は33歳、大卒後社会人を経由した高橋尚は34歳と、海外FA権取得まで長い年月を必要とした。2投手ともメジャー移籍後も数字は残したが、選手としての峠はさすがに過ぎていた。より早い段階でポスティングシステムでの利用を訴えても、門前払いにあっていた。

 その巨人が大きな方針転換をみせた。球団によると、DeNAから巨人へFA移籍した際に、山口が希望すれば将来的にポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認する付帯条項があったという。いわゆる「サイドレター」で、FAでの争奪戦の際に、他球団との競争の中で生じた妥協点だったとも言える。

 この山口の移籍で、がぜん注目を集める形となったのが菅野智之投手だ。かねてから将来のメジャー挑戦を志望していた。

菅野智之のメジャー移籍はどうなる?!

 順調にいけば菅野が海外FA権を取得するのは2021年シーズン終了後。だが、ポスティング容認へと球団が舵を切ったことにより、来季2020年シーズン終了後にポスティングシステムでの移籍へと1年前倒しされるのでは、と多くの球界関係者が深読みする。

 もっとも山口を容認したからといって、それが他の生え抜き選手も同様かというと、そんな簡単な話ではないだろう。FA入団の山口はあくまで特例。FA選手獲得は自由競争のため、サイドレター自体が悪いわけではない。表沙汰にはならないものの、将来的なコーチ手形などは口約束レベルでならどの球団でも提示する。他にも住環境や家族への厚遇、運転手付の車、ハイヤー移動の許可など、年俸以外での手厚いサポートを付けて、各球団がし烈な獲得競争を繰り広げているのが現実だ。

 菅野はFA移籍の場合、早くても満33歳シーズンメジャーのマウンドに立つことになる。大卒の上、ドラフトで競合し指名権を獲得した日本ハム入団を拒否して浪人したこともあり、年齢的には前述した上原、高橋尚らとほぼ同時期。1年でも早く行けるなら、と願うのは自然の流れである。来オフ、菅野と球団はどんな結論に至るのか。今季は防御率3・89と不本意な成績に終わり、完全復活が期待されるシーズンではあるが、その先の去就も含めた高い注目を集める1年となる。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

菅野智之の胸中やいかに・・・巨人が山口俊にメジャーへのポスティング移籍を容認 その背景は?