横浜流星が、11月21日東京都内で開催された「GQ MEN OF THE YEAR 2019 授賞式・記者会見」に出席。「GQ MEN OF THE YEAR 2019」ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。2019年の大ブレークについて「驚いています」と言いつつも、「感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

【写真を見る】飛ぶ鳥を落とす勢い…横浜流星の笑顔がまぶしい!

「GQ MEN OF THE YEAR」は、生き方、仕事、スタイルにおいて、「GQ JAPAN」読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる賞。

2018年は「新しい男らしさ」(THE NEW MASCULINITY)をテーマの一つに掲げて選ばれたが、14回目となる2019年はそのテーマも引き継ぎつつ、新たに「THE GLOBAL IDENTITY」(国を越えるアイデンティティ)というテーマも追加。

五十嵐カノア選手(プロサーファー)、石原良純、賀来賢人、King & Prince草刈正雄、kemio(けみお)、霜降り明星、ムロツヨシラグビーW杯2019日本代表の田村優選手、トンプソンルーク選手、松島幸太朗選手、リーチマイケル選手が受賞した。(松島選手、リーチ選手は授賞式欠席)

ステージに登壇した横浜は「世界中に注目されていて、すてきな名誉ある賞をいただけて、本当に光栄に思います」と真摯(しんし)に感謝の言葉を。

2019年は同賞の他にも「東京ドラマアウォード2019 助演男優賞」「日経トレンディ 2019年 今年の顔」「2019 第32回小学館DIMEトレンド大賞 ベストキャラクター賞」など、さまざまな賞を受賞し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの横浜。

「今年はありがたいことに賞を頂くことが多くて、この状況に自分が驚いています」と心境を明かし、「たくさんの方々に支えられてなったことだと思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。これからさらにもっと上を目指すために、今の自分にできることを全力でやって頑張っていきたいと思います」と力強いコメントを寄せた。

また、受賞者同士のトークでは、石原から横浜に「若いのに落ち着いていますが、テンションが上がるのはどんな時ですか?」と質問が。

横浜は「基本はテンションが低めなんですけど」と前置きしつつも、「空手をやっていたので格闘技が好きで、格闘技を見てるときは勝手に自分の体が動き、テンションが上がります」とニッコリ。

最後には、2020年の意気込みを聞かれ、「変わらず一生懸命やって、芝居をしっかり学び、皆さんにいい作品を提供できるように頑張りたいと思います」と笑顔で誓っていた。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)

横浜流星が「GQ MEN OF THE YEAR」授賞式に登場