1年を通じてワインの最大のイベントと言えるボジョレー・ヌーヴォー解禁。毎年11月第3木曜日に行われ、2019年11月21日が解禁日となった。

ボジョレー
2019年のボジョレー・ヌーヴォーのお味は?
 ボジョレー・ヌーヴォーというのは、フランスのボージョレ地区でその年に収穫されたブドウで作ったワインのこと。「ヌーヴォー」はフランス語で「新しい」の意味なので、つまり“ボジョレ地区の新酒”を指すらしい。

2019年の出来栄えは?

 また、ボジョレー・ヌーヴォーといえば、毎年話題になるのがそのキャッチコピー。ちなみに2000年以降のキャッチコピーをいくつかおさらいすると、

2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2003年110年ぶりの当たり年」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2011年100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2016年エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」
2018年「理想的な条件の元、素晴らしいヴィンテージへの期待高まる」

 となっており、「◯◯年ぶりの~」を連発してきた2000年代と比較すると、2012年頃からは味わいについて控えめな表現を重視する傾向があるように思える。ちなみに2019年は、気候不順で収穫量は減ったにもかかわらず、「風味豊かな味わい」(ボジョレーワイン委員会)とのこと。

 とはいえ、最も解禁で賑わっていたのは1980年代バブル期と言われていて、ここ数年はワインの輸入量の縮小傾向が続くなど、かつてほどの熱気は見受けられない。

「ボジョレー×〇〇」のマリアージュ

ボジョレー
樽に入ったマーボー豆腐鏡開き
 そんななか、新たな施策として「ボジョレー×〇〇」のマリアージュ、あるいはお得感を重視したイベントを行うところも多い。全国300店舗以上を展開する中華レストランバーミヤン」では、2018年にも行われた「ボジョレー麻婆(マーボー)」キャンペーンを規模を拡大して実施。

 解禁日前夜11月20日の夜には「ボジョレーマーボー乾杯イベント」がバーミヤン新宿西口大ガード店が日をまたいで開催。SNSでの抽選で選ばれたお客とともに、カウントダウンに合わせて、樽に入ったマーボー豆腐鏡開きの実施、乾杯などが行われた。

ボジョレー
カウントダウンに合わせて乾杯
 イベントに登場したすかいらーくホールディングスの石川浩執行役員は発売に至った背景を次のように説明。

「みんなでワイワイ楽しく食卓を囲む中華のスタイルと、みんなで解禁を楽しく祝うボジョレーのスタイルは、非常にマッチすると思っていた。中華料理ワインマリアージュも楽しんでいただければと思う」

「ボジョレー麻婆」のお味は?

 また、シェフの福島宣嘉氏は麻婆豆腐メニューのこだわりを「自家製の甜麵醬(てんめんじゃん)に、2種類の豆板醬を加えた。コクのある旨味のなかにピリッとした辛味を感じられる味付け」と説明。

ボジョレー
「ボジョレー麻婆」のキャッチコピーを掲げる、シェフの福島氏
 また、ボジョレーとの組み合わせについても次のように述べた。

「ボジョレー・ヌーヴォーは、肉料理が合うよく言われているが、実は中華料理も相性がバッチリ。最近では餃子と一緒に食べる人も増えている。麻婆豆腐のコクやとろみ、具材で入っているひき肉が舌の上で赤ワインを合わさると、最良のマリアージュが味わえます」

ボジョレー
ボジョレー・ヌーヴォー麻婆豆腐は、意外にも相性が良い
 キャンペーン期間中は一部店舗を除く全店で「ボジョレーヌーボーボトル」を税抜き1899円で、プラス100円で「コク旨マーボー豆腐」をセットで付けることができる(※なくなり次第販売終了)。

全国で解禁イベントが実施

 また、横浜市の天然温泉「満天の湯」では21日、23日に「ボージョレ・ヌーヴォー風呂」を開催。解禁されたばかりのボージョレ・ヌーヴォーを投入するという。

 酒類のチェーンストア「リカーマウンテン」では全国116店舗で24日までの間、「2019 ボジョレー・ヌーボー解禁セール」として、酒類、チーズなどのおつまみをお手頃価格で販売。

 また、毎年日本で販売されるボジョレー・ヌーヴォーの最安値に挑んでいるドン・キホーテは「ドン・キホーテオリジナル ボジョレー・ヌーヴォー2019」を販売。全部で4種類あるなかでも、「ボジョレー・“ヴィラージュ”・ヌーヴォー」は税抜き490円という驚きの安さだ。

 各社が趣向を凝らして行うボジョレー・ヌーヴォー解禁イベント。今年の出来具合を楽しむとともに、来年以降はどのようなイベントが行われるかを注目してみてもいいかもしれない。

<取材・文・撮影/シルバー井荻>

【シルバー井荻】

平成生まれのライター編集者です。赤羽と阿佐ヶ谷に出没します

2019年のボジョレー・ヌーヴォーのお味は?