2018年1月6日から2019年6月29日まで放映されたテレビアニメ新幹線変形ロボ シンカリオン」の劇場版新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』が12月27日(金)から公開される。このたび、本作と「エヴァンゲリオン」がコラボすることが決定し、あわせてプロモーション映像とビジュアルが到着した。

【画像を見る】エヴァに登場した病院が劇場版『シンカリオン』にまさかの登場!<画像15点>

実在する新幹線ロボットとして変形する「シンカリオン」の運転士となった主人公ハヤト子どもたちが、新幹線超進化研究所の大人たちと協力して敵に立ち向かう物語を描いたテレビアニメ新幹線変形ロボ シンカリオン」の初の劇場版となる本作は、ハヤトが新たな敵に挑む物語となっている。突然の敵の攻撃によりハヤトの父でシンカリオン運転士であるホクト行方不明になってしまう。不安を隠せないハヤトだったが、突如タイムスリップしてきた“9歳のホクト”が現れる。地球を守るため、そして元の世界に戻るため、最新技術を結集し完成した「シンカリオン ALFA-X」の運転士になることを決心したホクトハヤトと日本の各支部から集結したチームシンカリオンの面々とともに宇宙最強の敵に立ち向かう…。

このたび、本作と「エヴァンゲリオン」のコラボが決定。今回のコラボは、テレビアニメ第17話「西へ!!シンカリオンVS大阪名物!?」で「500 TYPE EVA」として登場し、さらに第31話「発進!!シンカリオン 500 TYPE EVA」でエヴァ主人公である碇シンジが登場して以来のコラボとなる。そして、再び劇場版シンカリオン』本編で碇シンジと「500 TYPE EVA」が登場することを記念し、プロモーション映像とビジュアルコラボする運びとなった。

到着したプロモーション映像は、「新世紀エヴァンゲリオン」放映時の次回予告オマージュした映像となっており、エヴァに登場するキャラクター葛城ミサト役である三石琴乃ナレーションに加えて、「シンカリオン」から出水シンペイ役の緑川光が参加している。三石は今回のコラボ映像に出演したことについて、「コラボ、再び!ということで予告を担当させていただきました。緑川君との収録がとても不思議で、そして新鮮でした」と語り、同じく緑川も「自分と三石さんが、それぞれの作品代表として参加させていただきましたが、いかがでしたか? とても楽しんでやらせていただきました」と互いに共演への喜びを語るコメントを寄せている。また映像内では、「新世紀エヴァンゲリオン」の第2話「見知らぬ、天井」を彷彿とさせるような、劇場版シンカリオン』の本編カットも初公開されており、本編でハヤトたちとシンジ500 TYPE EVAがどのような形で関わってくるのか期待が高まる映像となっている。

今回、公開されたコラボ映像は第1弾となっており、続く第2弾も制作されるとのことなので、どんな内容になるのか、今後の続報に注目したい!

キャストコメント

三石琴乃

コラボ、再び!ということで予告を担当させていただきました。緑川君との収録がとても不思議で、そして新鮮でした。スタジオで私が耳にした大変貴重なタイプ緑川のサービスサービス!をいつかどこかでシンカリオンファンのみなさまにサービスしてください」

緑川光(出水シンペイ役)

劇場版として帰ってくることが出来て、とても嬉しいです!しかも『エヴァンゲリオン』とのコラボ再び!贅沢ですねぇ(笑)。『エヴァンゲリオン』の劇場版の方に、『シンカリオン』は出ないと思いますが、新幹線なら可能性が無いこともないかな?楽しみにしてようっと(笑)。今回の特報ナレーションは、自分と三石さんが、それぞれの作品代表として参加させていただきましたが、いかがでしたか?とても楽しんでやらせていただきました」(Movie Walker・文/編集部)

声優の三石琴乃と緑川光が夢の共演を実現