2019年11月30日フィリピン名物のド派手なジプニーが、一世を風靡したタミヤ模型のミニ四駆シリーズで販売される。ミニ四駆特別企画として発売されるもので価格は、2,310円(本体価格2,100円)。

 フィリピンで親しまれている乗り合いバス「ジプニー」は、今でも庶民の足として、様々なデザインのジプニーがフィリピン中で走っているが、排ガス問題など環境への配慮から、電気自動車などへの転換が進められている。

 プラモデルは、全長-156ミリ、きらびやかなカラーリングを表現するステッカーも用意されている。

 このプラモデルは、フィリピン・セブで生産されたもの。

発売前に関係者に記念品として配布されたプラモデル・ジプニー(2019年11月15日フィリピン観光省東京支局で撮影)