ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

文在寅大統領

23日の0時までの期限と言われていた軍事情報保護協定(GSOMIA)がほぼ終了すると思われていたが、土壇場になり韓国政府がGSOMIA破棄を凍結、実質の延長となった。この凍結のどのくらいの期間なのか不明であるが、先週から訪韓していたアメリカ国防長官のマークエスパーは文在寅大統領に延長するように詰め寄り、それに折れたものと思われる。アメリカの説得に対して文在寅大統領は「日本を説得して欲しい」としていたが、土壇場になり、韓国側が折れて延長となった。

GSOMIAとは韓国とは2016年11月23日に締結しており、主に北朝鮮ミサイルを発射した際に、同じ朝鮮半島で監視している韓国が捉えた情報を日本も得ることができるたけでなく、それをアメリカなども得ることができた。
2019年8月22日に協定の終了が発表されたが、実は午前までは延長を前提とした会議が国家安全保障会議(NSC)常任委員会のメンバーで行われていた。

このあと韓国政府は会見を開くという。

現時点(17:20)では韓国主要ポータルサイトGSOMIA延長の件は報じられておらず、韓国側は会見と同時に伝えられる模様だ。