日本政府関係者によると、韓国政府がGSOMIA=軍事情報包括保護協定の破棄を凍結すると日本政府に伝えたという。

 これを受け、茂木敏充外務大臣は「本日、韓国政府から日韓GSOMIAの終了通告を停止する旨の通告があった。北朝鮮問題等への対応のため、安全保障上の日韓、そして日米韓の緊密の連携が重要だ。現下の地域の安全保障環境を踏まえ、韓国政府としても、このような戦略的観点から今回の判断したものと受け止めている。言うまでもなく、GSOMIAの問題と輸出管理の問題は全く別の問題だ。輸出管理については韓国側からはWTOプロセスを中断するとの通報があったことを受け、今後、関係当局間で対話がなされていくものと承知している。現下、最大の課題、そして根本にある問題は旧朝鮮半島出身労働者問題であり、韓国側に対して、一日も早く国際法違反の状態を是正するよう、引き続き強く求めていきたい」とコメントした。
茂木外相「国際法違反の状態を是正するよう、引き続き強く求めていきたい」 韓国が“GSOMIA破棄凍結”