2019年11月 - 医療と渡航安全の統合ソリューションを世界中のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、EU一般データ保護規則(GDPR)に対応したデータ保護認証を世界で初めて取得しました。これは、すべてのアシスタンスサービスや医療サービスにおける個人情報保護の管理および規定を行うためのものであり、世界中で運用可能な規格です。このデータ保護認証は、ビューローベリタス(Bureau Veritas)により発行されています。ビューローベリタスは国際的に認知された認証機関で、品質、健康、安全、環境、サステナビリティ、企業リスクの分野において様々な専門知識のもと認証を発行しています。
アーノルド・ヴェシエ(インターナショナルSOS共同創業者 兼 会長 兼 最高経営責任者)は今回の認証取得について次のように述べています。「EUおよびEEAにて適用されているEU一般データ保護規則(GDPR)は、個人情報保護におけるプラチナスタンダードとして認識されています。私たちは全世界中のアシスタンスサービスメディカルサービスセンターデータ保護過程を、他でも適用されている規格とともに厳重な規定によって守られることを確実なものにしたかったのです。お客様にサービスや委託されたサービスを提供するときには、データ保護を最も重要なこととして取り扱っています」。

さらに、「今回の認証取得は、コンプライアンス強化過程において画期的なことです。すべてのデータ保護についての行動計画を大きく推し進めることができたことを誇りに思います。ビューローベリタスから認定された世界で適用可能なデータ保護認証取得は、インターナショナルSOSが世界で初めてとなります。他企業にとっても良いお手本となることを願っています」とアーノルド・ヴェシエは付け加えます。

ビューローベリタスのジェネラルマネージャーであるセバスチャンフォックス氏はインターナショナルSOSを祝福し、次のように話します。「このようなビジョンリーダーシップを持ってヨーロッパのみならず世界中で適用される証明書を取得することは、真のグローバル企業と言えます。インターナショナルSOSは、お客様の最もセンシティブな個人情報を管理するために、様々なコミュニケーションチャンネル上において確実な手続きを踏んでいることを証明しました。

インターナショナルSOSは、継続した品質改良プログラムの一環として、すべての事業におけるグローバルな証明書も含め、ISO認証も受けています。全世界のアシスタンスセンター、クリニック、医療サービスの品質マネジメントシステムについてはISO 9001:2015、セキュリティマネジメント情報についてはISO/IEC 27001:2013を取得しています。ロンドンにあるアシスタンスセンターは、遠隔医療サービス提供において世界で初めてISO/TS 13131:2014 ED1認証を取得したサービスラットフォームです。

インターナショナルSOSは、グローバルに働く社員に、医療とセキュリティサービスを24時間365日提供しています。品質についての詳しい情報は下記よりご確認ください。(英語)
https://www.internationalsos.com/about-us/quality

インターナショナルSOSグループについて
インターナショナルSOSグループは、グローバルに働く社員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。
インターナショナルSOSグループ1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む11,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 11,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、90ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、95ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。
http://www.internationalsos.co.jp/


配信元企業:インターナショナルSOSジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ