ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

23日の0時までの期限と言われていた軍事情報保護協定(GSOMIA)がほぼ終了すると思われていたが、土壇場になり韓国政府がGSOMIA破棄を凍結、実質の延長となった。

この件について22日の17時頃にJCTBが報じた。「NHK「韓国、チソミア終了せず」日本政府に伝達」としてNHK経由での情報のようで、GSOMIAを終了しない方針で18時から政府は会見を行うと書かれている。

そんな記事のコメント欄には既に1000件近い意見が書かれており「やるべきではなかった」、「反日不買運動してた子供達wwww」、「結局のところ、外交惨事でまたしても大詰めwww」、「日本に土下座してWTO提訴も撤回し、“文災害”弾劾しよう!」、「屈辱無能」、「お祝いにユニクロ行ってくるわ」、「やっぱり安倍に降伏したか」、「アメリカの圧力と世論を意識して降伏したムン」、「アメリカそんなに怖かったの?」、「習近平と北豚にGSOMIAを終了すると伝えておいて、最終的にまた延長する不意討ち」など政府や文在寅大統領に数多くの批判が投稿されている。

また今回の延長は条件付き延長で一時的な措置としているが、日本の輸出規制や徴用工問題などがこじれれば韓国政府側が延長を撤回も可能としている。ただ日本側は輸出管理や徴用工の問題とGSOMIAは切り離して考えているスタンスだ。