著・月夜涙氏、イラスト・しおこんぶ氏による人気ライトノベル回復術士のやり直し」のテレビアニメ化が決定し、しおこんぶ氏が描き下ろしたアニメ化記念ビジュアルが公開された。

シリーズ累計80万部を超える同名原作は、他の勇者に利用され続けた“癒の勇者”ケヤルが回復(ヒール)こそが最強の魔法だと確信し、世界そのものを“回復”させ4年前に戻ることで、自分の人生を弄んだ者たちに復讐しようとするリベンジファンタジーテレビアニメを手がけるスタッフは、監督を朝岡卓矢、シリーズ構成・脚本を筆安一幸キャラクターデザインごとうじゅんじが務め、アニメーション制作をティー・エヌ・ケーが担当する。

月夜氏は、アニメ化決定に対し「アニメ化です! 読者様と、本作に関わる皆様のおかげでたどり着きました。私自身は原作者として、全話監修を行っております。原作を読まれている方。自信をもってこれは回復術士の魅力を引き出したアニメだ! と太鼓判を押せる仕上がりです。安心して見て下さい」と述べ、「これからも回復術士というシリーズを大きくするため、がんばっていきますので応援よろしくお願いします」と呼びかけている。

一方、しおこんぶ氏も「このシリーズが始まりはや2年ぐらいですが、アニメ化決定の話がメールで来たときは思わず2度見しました。正直私自身想定していなかったのでスケジュールが大変なことになっています。これがうれしい悲鳴か! アニメで動いているヒロインたちやケヤルガの活躍を一人の視聴者として早く見てみたいです!」と期待を寄せている。また、コミカライズ版を手がけた羽賀ソウケン氏は「初めてアニメ化の話を聞いた時、アニメになるんだ!? という驚きが素直な感想でした。それと同時にアニメではこの物語をどう表現されるのか非常に楽しみでもあります」とコメントしている。

リベンジファンタジー小説がTVアニメ化 (C)2020 月夜 涙・しおこんぶ/KADOKAWA/回復術士のやり直し製作委員会