日本ではそれほど需要は大きくないが、米国では大人気の「ピックアップトラック」。中国でも米国ほどではないとはいえ需要があり、特に日産のピックアップトラックの人気が高いという。中国メディアの今日頭条は15日、中国では一部の農村部でピックアップトラックがよく売れていると紹介する記事を掲載した。

 記事の筆者も中国農村の出身のようだが、経済状況が改善するにつれて人々の交通手段が自転車からオートバイセダン、そして、SUVへと変化していったが、ピックアップトラック選択肢に入ることは「一般的にはない」という。ところが、四川省攀枝花市にある村々では、ピックアップトラックが欠かせない存在であると紹介。どの家にもピックアップトラックがあり、そのうち日産のピックアップトラックがおよそ半数を占めている村があるが、攀枝花市にはこのような村がたくさんあるとしている。

 ピックアップトラックが人気となっている理由について記事は、「こんなに安心して荷物を載せて運転できる車はない」という農家の声を紹介。SUVではなかなかここまでできないのだという。悪路で天気が悪くてもぬかるみにはまることなく走行できるとしている。

 また、村でのピックアップトラックの販売の特徴として、「村の有力幹部」の意見が非常に有力で、結果的に村全体から「歓迎」されることになると分析。そのため「ピックアップ村」が出来上がるのだという。また、口コミの力が強く、日産のピックアップトラックの質が非常に良いと評判でよく売れていると伝えた。

 このほか、日産による村ならではの独特なサービスも人気に拍車をかけているようだ。店での納車のほかに、自宅まで納車するサービスを行っているが、この時「村の入口から爆竹を鳴らしてお祝い」するのだという。こうすることで村人全員が車を購入したことを知り、購入者のメンツを立てることになるのだと紹介している。これは中国人が好みそうな実にうまい戦略だ。

 中国の農村部では道路状況もまだあまり整備されておらず、ピックアップトラックは実用的な交通手段と言えるだろう。日本ではほとんど普及していないピックアップトラックだが、中国では農村部を中心に米国のように人気になる日が来るのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国の一部の農村部で「日産のピックアップトラック」が人気を集める理由=中国メディア