5

 爪もとげるし中でくつろぐこともできる猫用グッズ、ガリガリサークルの中でくつろいでいた猫。一緒に遊びたかったのか、その場所を譲ってほしかったのかもう1匹の猫が近づいてきた。

 するとサークルに入っていた猫が猫パンチを炸裂。これに驚いた白い猫(おそらくシャム猫)が、刑事ものドラマの殉死シーンのごとく、白熱したリアクションを見せたのである。

―あわせて読みたい―

横っ面を張られても、子猫を見守るダルメシアンたちの愛情ったら
ね、簡単でしょ? 猫の猫による猫の喧嘩を仲裁する方法
猫とのキッスを自撮りにおさめたかった女性。唇を突き出して猫を待つ。しめしめ近づいてきた...で、こうなった。
これほどまでだったのか!猫パンチの攻撃力の高さに犬が回転する
子犬軍団に囲まれた猫、猫パンチで制裁を加える

 近づいてきた白い猫に猫パンチをくらわすサークルの猫
 これに驚いた猫はバタっと仰向けに倒れる

no title

 そしてこの表情!
 なんというドラマチック

4

 テリトリーをめぐる仁義なき戦い。負けたほうはオーバーリアクションで、飼い主に訴えかけ形勢を逆転させようとしている気もしなくもない。だとしたらすごい策士だ。

 この動画は海外のツイッターユーザーが「最高のパフォーマンス賞」というコメントと共に投稿し話題となっていたものだ。

 だが、もしかしたらオリジナルは日本のものかもしれない。知っている人がいたら教えてくれるとうれしいんだ。

追記(2019/11/23):
コメント欄によると、やはり日本からの映像だったようで、インスタグラムユーザーzn42p90さんのお家の猫たちだそうだ。

 奥のキジシロはアイちゃん(メス、撮影当時3歳)で、ドラマチックなリアクションをしてくれたのは、保護猫のミニラちゃん(メス、撮影当時6ヶ月)だそうだ。zn42p90さんの家の猫たちの様子はYOUTUBEチャンネルでも見ることができるよ。


 ちなみにこの後、ミニラちゃんは復讐を成し遂げたようだ。
全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284912.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ご主人の靴下が大好きな柴犬「これボクのだから!」と所有権を主張する
自毛だった!天然の太眉を持つ迷い犬が保護される。イタズラ描きと勘違いしたスタッフ、消そうとごしごし(ロシア)
足りないのは猫!顧客快適度を高めるため、愛猫を乗せた猫タクシー(ウクライナ)
【訃報】怒れるヒツジのラムブロさん、虹の橋を渡る(閲覧若干注意)
猫が痛みを感じているときの表情を見分けるコツが判明(英研究)

―動画の紹介記事―

ご主人の靴下が大好きな柴犬「これボクのだから!」と所有権を主張する
タコの知性爆発!障害物で隠された隙間をすり抜け見事脱出を成功させる
少女が大人に変わるまで。父親が娘の20年にわたる成長記録を5分にまとめた動画が話題に(オランダ)
足りないのは猫!顧客快適度を高めるため、愛猫を乗せた猫タクシー(ウクライナ)
【訃報】怒れるヒツジのラムブロさん、虹の橋を渡る(閲覧若干注意)
猫パンチを食らった猫のリアクションが2019年ベストパフォーマンス賞を取る勢い