昔から「早起きは三文の徳」といわれるように、早起きにはたくさんのメリットがあります。世界的な成功者も早起きを実践しているのだとか。早起きが良いとされる理由と習慣化するコツをご紹介します。

■成功者の多くは早起きを好む


世界の名だたる成功者の多くは、早起きを実践していることがわかっています。たとえば、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は毎朝6時に起きて、子どもたちが目覚めるまでの時間を大切にしていました。

ジョブズ氏の後継者であるティムクック氏に至っては、毎朝3時45分に起床しているいうから驚きです。すぐに大量に届くメールチェックし、その大半を読み終えると午前5時ごろにはジムで汗を流します。

また、スターバックスのCEOハワード・ シュルツ氏も、早起きの実践者として有名です。シュルツ氏は朝4時半に起きてエクササイズや家族との朝食を楽しんだあと、出社前にひと仕事済ませてしまうといいます。

そのほか、アメリカトランプ大統領Twitterの創業者ジャック・ドーシー氏、作家の村上春樹氏など、例を挙げればきりがありません。早起きをしたから成功したのか、成功したから早起きができるのか定かではないですが、「成功」と「早起き」には何らかの因果関係がありそうです。

・合わせて読みたい→
【1ヶ月で5キロ】ダイエットを確実に成功させるには(https://cocokara-next.com/food_and_diet/to-5kg-diet-in-one-month/)

■早起きのメリットとは

仕事や勉強に意欲的に取り組める
朝の光を浴びると「セロトニン」という脳内物質の分泌が活発になります。セロトニンには心を穏やかにする働きがあり「幸せホルモン」と呼ばれています。精神の安定を得ることで、仕事や勉強に打ち込みやすくなります。

体内リズムが整いやすくなる
ヒトは昼行性の生き物です。いくら24時間型の社会になっても身体のリズムはそう簡単には変わりません。朝の光をキャッチすると、体内時計が正しくリセットされて、一日を気持ち良く過ごすことができます。

自分だけの時間を確保できる
私たちは日中、電話やメールの対応、会議など、自分のやろうとしていた仕事には直接関係のない作業に忙殺されがちです。まだ他の人が寝ているうちに活動を開始すれば、誰にも邪魔されずに仕事や勉強に集中できます。

■早起きを成功させる方法

早起きメリットはわかっていても「自分は夜型人間だから、朝早く起きるのは無理」と諦めている人も多いのではないでしょうか。

早起きを成功させるコツは「気合いや根性に頼らない」ことです。気合いだけでは、長続きしません。朝起きるのが楽しみになるような「ルーティーン」を作りましょう。ジョギングや英語の勉強など、目覚めたらやりたいと思うことを決めておけば、気持ちよく朝を迎えられるようになります。

また、起きる時間よりも寝る時間にフォーカスすることが大切です。十分な睡眠時間を確保すれば、自然と朝スッキリと目覚めることができます。朝起きる時間から逆算して、寝る時間を決めましょう。良質な睡眠のために、寝る1〜2時間前はスマホパソコンの電源をオフするようにしてくださいね

貴重な朝の時間を有効活用できれば、三文どころではない多くのメリットを得られるはずです。人生をより豊かにするために早起きを実践してみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「そうだやっぱり早起き、早寝!」 公益社団法人東京都医師会
https://www.tokyo.med.or.jp/old_inf/hayaoki.pdf
(参照 2019-08-31)
ローラヴァンダーカム『うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか』(2017) SBクリエイティブ

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

世界的な成功者から学ぶ、朝早く起きるメリットとは?