Euro NCAPはこのほど、マツダの新型コンパクトSUVCX-30」の衝突安全性試験を実施し、最高評価の5つ星を獲得したことを発表した。

h299%の評価を得た「成人乗員保護性能」の高さが光る

 Euro NCAPの安全性試験で最高評価となる5つ星を獲得するには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子供乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上という4項目をすべてクリアしなければならない。

 新型CX-30の試験車両は2.0Lガソリンエンジンスカイアクティブ-G 2.0」搭載車だったのだが、その結果は「成人乗員保護性能」で99%、「子供乗員保護性能」で86%、「歩行者保護性能」で80%、「安全補助装置」で77%という評価。すべての項目で基準を上回り、総合5つ星を獲得した。

 とくに、99%の評価を得た「成人乗員保護性能」の高さが光っており、CX-30の購入を検討している人にとってはプラス要素になるだろう。