人間の足では出せないスピードで、どこへでも自由に出掛けられるクルマ。ゆえに、運転を趣味にするドライバーは、筆者を含め非常に多い。

【その他の画像】

 しかし、そんな自由の中にある“不自由”ほどストレスを感じるものはない。信号、渋滞、死角、道路交通法、そして、その法を無視する他ドライバーなどがその例だ。事故や危険運転も、こうした運転上のストレスが原因で起こることがよくある。

●「あおり運転事故」で問題が表面化

 世間で危険運転が真剣に考えられるようになったきっかけの1つに、2017年6 月に執拗なあおり運転の末に夫婦が後続のトラックにひかれ死亡した、いわゆる「東名高速夫婦死亡事故」がある。

 当時、その執拗で悪質なあおり運転は、世間に強烈なインパクトを与えた。あの事故の後、日本の道路を走るドライバーであれば、誰しもが1度は自身の運転を省みたはずだ。

 が、あれから2年がたった現在でも、危険運転が道路から消えたかといえばそうとは言えず、むしろドライブレコーダーの普及も手伝って、その悪質性がより一層表面化したようにすら感じる。

 実際、今年も相手ドライバーを殴る、エアガンを撃つなどといった常軌を逸した危険運転が多く報道された。こうした悪質なあおり運転においては、一番重い罰則が現在の「免許停止処分」から今後、規制を新たに設けることで 「免許取り消し処分」にする方向で検討されているというのも、ここ最近大きな話題になったばかりである。

 ドライバー危険運転をしてしまう原因には、先の「自由の中の不自由」のほかにもう1つ、「他の道路使用者とのコミュニケーションの難しさ」がある。

 前出のケースのように、危険運転そのものを日頃のストレスのはけ口にする悪質かつ例外的なドライバーもいるが、一般的な道路使用者同士のトラブルを振り返ると、「コミュニケーションさえ取れていれば起こらなかった」と考えられるものが多い。

 そんな中、今年の東京モーターショーの取材で目にとまったのが、近未来型車両として展示されていた「音声と文字で知らせるトラック」だった。

 道路使用者の新しいコミュニケーション手段として、今後「しゃべる車両」は浸透していくのだろうか。その可能性と課題を考察してみたい。

歩行者や他ドライバーにどう意思伝える?

 先述通り、交通事故や道路使用者同士のトラブル、あおり行為を含んだ危険運転などが発生する原因の1つには、「ドライバーによるコミュニケーションの難しさ」がある。

 人間同士がぶつかりそうになった際は「ごめんなさい」、道を通してほしければ「すみません」、列が進めば前の人に小声で「前、進みましたよ」と優しく声を掛けるなど、意思とともに「感情」をも同時に伝えることができる。

 しかし、「クルマ歩行者」、ひいては「クルマクルマ」の場合だと、ドライバーは感情を含めたそのままの意思を相手に伝えることが非常に困難になる。クルマにはその構造上、ドライバー同士を遠ざける遮断性があるからだ。

 現在日本のドライバーは、ハザードランプやウインカー、クラクション、パッシングドライバーの手上げ・目配せといった数少ないアクションで、なんとかして自らの意思を伝えようとしている。が、その手段の少なさがゆえに、使い方を誤ると、誤解を生んでしまうことも少なくない。

 例えば、パッシングライトを一瞬光らせる行為)。これには「お先にどうぞ」という意思を示すほかにも、「先に行かせてくれ」、感謝、注意喚起など実にさまざまな意味があり、地域やドライバーの世代によっても、その認識に違いが生じることがある。それゆえドライバー同士の認識に齟齬があると、トラブルの原因になりやすいのだ。

 とりわけ歩行者に対しては、ドライバーサインをより分かりやすく示す必要がある。歩行者の中には運転未経験者も多くおり、ドライバーの出すサインの意味が理解できない場合があるからだ。これにより誤解が生じれば、相手が生身の人間のため大きな事故になる恐れもある。

 しかし、だからと言ってサインを出さなければ、やはり意思は伝わらない。

 筆者自身も夜間に歩道を歩いている時、脇道や側道の店から出ようとしているノーサインクルマが自分に気付いているのか、先に通してくれるのか分からず 、しばらく「お見合い」することがよくある。路上のコミュニケーション不足は、命取りにさえなりかねないのだ。

 こうして長年、ドライバー同士の意思疎通の方法や、よりよい道路環境を模索してきた筆者だが、先の「東京モーターショー2019」の会場内で、今後の道路環境改善のためのヒントになるようなトラックを発見した。トラックメーカーUDトラックス埼玉県上尾市)が展示した「Quon Concept 202X」だ。

●音声とカラフルな光る文字で「おしゃべり」

 このQuon Concept 202Xは、ドライバー歩行者とのつながりを意識して開発された近未来型のコンセプトトラックで、今回筆者が注目したしゃべる機能以外にも、AIやタブレット端末によるパーソナライゼーション(各ドライバーに向けた自動カスタマイズ機能)、カメラモニタリングシステムといった、近い将来実用化され得る先進のテクノロジーがふんだんに搭載されていた。

 東京モーターショーの青海会場に勢ぞろいしていた「働く車両」の中でも、このQuon Concept 202Xがひときわ異彩を放っていたのは、迫力あるフロントグリルと、カラフルな文字ディスプレイ、そして音声での「意思表示」機能だった。

 現在、一部の配送トラックにも、「バックします、ご注意ください」と音声案内する車両はある。だが、このQuon Concept 202Xには、従来車と一線を画すポイントとして、音声だけでなく、「緊急停止します」「お先にどうぞ」「点検中」などの文字(日本語・英語)を表示すると同時に、それぞれの言葉に意味付けされた「色」をグリルサイドに光らせ、道路使用者へのより細かな意思伝達を図る点があげられる。

 モーターショーで展示されていたこのトラックは各ボタンが車外に設置されており、それを押すことでそれぞれの言葉をトラックにしゃべらせていたが、実装されれば無論、車内からドライバーの意思を伝えることができる。

 こうした「しゃべる車両」を開発したのが、乗用車メーカーではなくトラックメーカーであったこともうなずける。

 一般的にトラックは、その図体(ずうたい)と構造から乗用車以上に死角が多く、事故が起きると乗用車以上に被害が大きくなる。そのため、こうして音声や文字表記で相手に注意を促したり、ドライバーの意思を伝えたりすることは、乗用車以上に大きな意味を持つのだ。

 こうした機能が付いたトラックが将来一般化すれば、コミュニケーションの齟齬(そご)やストレスは大きく軽減され、関連する事故も未然に防げるといった期待が持てるだろう。

●「しゃべるクルマ」に意外なトラブル

 先述通り、Quon Concept 202Xは本来、「歩行者と車両」とのつながりを意識して開発されたトラックであるため、現在のところリア部分には文字での表示ディスプレイは付けられていなかった。しかし今後、こうした制限を取り払い、「音声」や「文字ディスプレイ」「色」を、道路を走る全てのクルマの前後左右に装着すれば、道路使用者の意思疎通も飛躍的に円滑になるに違いない。

 ただ、こうしたしゃべるトラックを走らせることにあたっては、課題が無いわけでもない。クルマがしゃべれるようになれば、無論さまざまな弊害も生じるだろう。

 特に懸念されるのは、騒音だ。現在、音声アナウンスをする配送トラックにも、実際「うるさい」という苦情が時折出る。当然、クルマが一斉にしゃべるようになれば、今以上に騒音問題が深刻化することは想像に難くない。

 先述通り、Quon Concept 202Xの文字や音声によるガイダンスは、ボタンを押すとあらかじめ設定された定型文のみが表示されるようになっているため、大きなトラブルは起きないとは考えられるものの、ボタンの連打や音量調節などの問題にも配慮せねばならなくなるだろう。実用化されるようになれば、道路脇に「この先発言禁止」「マナーモード(文字表示のみ)」のような標識や、道路交通法による規制も登場するはずだ。

 現在、その精度や実現性を徐々に上げている「自動運転」。将来、AIが道路環境とドライバーの感情を読み取り、定型文に限らずさまざまな言葉をクルマにしゃべらせられれば、80年代に「夢のようなクルマ」として一世を風靡した米国の人気ドラマナイトライダー」が道路を行き交う日もそう遠くはないのかもしれない。

 が、いずれにしても道路が完全自走するクルマに様変わりしない限り、今後よりよい道路環境を構築するのは、どれほどテクノロジーが進歩しようとも、最終的には「クルマ」ではなく中身の「人間」であることを忘れてはならない。

橋本愛喜(はしもと あいき)

【画像】東京モーターショーでお目見えした「しゃべるトラック」