luckyforbalam0_e


 ここ数日朝晩はめっきりと冷え込んできて、玄関を開けると「さぶっ!」とか思わず声が出てしまうことも。

 そろそろストーブコタツの出番が来たというお宅も、すでに絶賛大活躍中というおうちもあると思うが、人肌のぬくもりってやつもいいもんだよねー、うんうん。

 というわけで今日は、あったかい天国みたいな場所でといえばここ!とよくわかってらっるにゃんこをご紹介しておこう。


 オリエンタルショートヘアのバラムくん。ご主人の上着の下に潜り込もうとゴソゴソしているよ。

luckyforbalam1_e


 そうそう、ここここ、このあったかいのが気持ちいい
luckyforbalam6_e

 見て、うっとろりんなこの表情!
luckyforbalam5_e

 バラムくんちの同居猫たち。バラム兄弟のチャスカくんの他、全部で5匹の猫たちが仲良く暮らしているんだよ。


 バラムくんがバズったきっかけ、「おしゃべりにゃんこ」。

 バラムくんと仲間たちにもっと会いたいというお友だちは、ぜひ彼らのインスタグラムへ遊びに行ってみてほしい。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284933.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

唯一の家族である弟を失った子猫、絶望を希望に変えてくれたのは1匹の犬だった(オーストラリア)
猫パンチを食らった猫のリアクションが2019年ベストパフォーマンス賞を取る勢い
ご主人の靴下が大好きな柴犬「これボクのだから!」と所有権を主張する
自毛だった!天然の太眉を持つ迷い犬が保護される。イタズラ描きと勘違いしたスタッフ、消そうとごしごし(ロシア)
足りないのは猫!顧客快適度を高めるため、愛猫を乗せた猫タクシー(ウクライナ)

―画像の紹介記事―

見間違いであれ!願わずにはいられないカメラがとらえた15の戦慄の写真
今日も今日とて「猫あるある」な所業を見せつけてくれるのか?ハテナマーク大爆発な世間の猫たち総集編
実にハイレベル!2匹の虫がフンを食べている場面をハネに宿した蛾(※昆虫出演中)
同じ日に施設に引き取られた2匹の老猫、1匹だけ引き取られるも再び巡り合うまでの物語(アメリカ)
愛猫を飛行機の貨物室に預けたくない。替え玉作戦でまんまと機内客室に持ち込んだ飼い主だが、後にバレる(ロシア)
猫にとって「寒くなったら行くべきところ」は飼い主さんのフトコロしかない