マツコ・デラックス

23日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)ではラップ好きサラリーマン集団「新橋サイファー」と中継。マツコ・デラックスが、サラリーマンラップを深堀りした。

■新橋サイファーはおっさんの憩いの場

新橋サイファーは所属約40人。代表の発電所デベロッパーerror version氏が、この場を作った経緯を語る。

ラップが好きなサラリーマンおっさんたちが集まる憩いの場。地元の平和島サイファー高校生たちに『おっさんサイファーにいけよ』とディスられたが、そういう場所がなかったので新宿サイファーを作ったんです。

元々、誰一人友達じゃなかったんですが、みんなが集まってきてくれました」

マツコ思わず「よくそんな若者のところに行ったな!逆に」とビックリ

関連記事:素人の「即興ラップ」に酷評の嵐!プロのレベルは凄まじかった

■子持ちラッパーのバトル

マツコがTHEサラリーマンなラッパーたちのバトルを所望すると、2児のパパでシステムエンジニアmoto-z氏と3児のパパで輸送機メーカー営業のScheme氏が選ばれる。

二人はラップバトルで「娘が生まれて3万円のお小遣いが2万2千円になった」「元々月2万円だぞ」とぶつかり合う小遣い事情。サラリーマンの悲哀がぶつかり合う。マツコがそれを聞きながら、

「お小遣い、弁当も作って、あらー…。もっとしょっぱいサラリーマン事情が聞きたかったわね。でも、代表もっとサラリーマンっぽいのちょうだいよ」

むしろ、サラリーマンラップがもっと欲しくなってきているマツコ。

■尿酸値ラップにマツコ爆笑

次に選ばれたのは外資系ITでマーケティングのTaiga氏と老舗の日本企業で電気機器の営業のOMATAロンギヌス氏。ラップバトルでは、OMATAロンギヌスが尿酸値一本攻めで撃破。マツコが、新宿サイファーラップを咀嚼する。

「ちょっと楽しくなってきた。ラップクオリティは皆さん非常に低いんですけども、これは新しいコミュニティですね。日本の今のビジネスマンの縮図を見ているようで面白かった」

もはや韻を踏まない、魂の叫びのようなものがたっぷり詰め込まれていたように感じる。

■視聴者は評価に迷う

視聴者からは「ただ早口で愚痴を言うのがラップなの?」「言いたいことをいうだけでいいの?」「でも面白い」「韻を踏むだけがラップじゃない」と様々な評価が入り乱れる。

ヒプノシスマイクによってアニメ・声優ファンの間でラップが流行しているが、ビジネスマンの間でもラップが流行していたとは。海外のラップとはまた違った、これぞ日本のラップといえるリリックがどんどん紡がれつつあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→自衛隊も驚き! 『ラップの活用術』が災害時にも普段にも便利すぎる

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

マツコ、新橋サラリーマンラップに納得 「今のビジネスマンの縮図」