ブライトリングのトライアスロン・スクワッドと名だたる顔ぶれのフレンズチーム2019年11月23日南アフリカ随一の耐久サイクルロードレ―ス「コロネーションダブルセンチュリー」に参加しました。スウェレンダムで開催されたこのイベントでは、ブライトリングジョージカーンCEOや世界有数のサイクリストを同伴したスクワッド・メンバーの3人、ヤン・フロデノ、クリス・“マッカ”・マコーマック、ダニエラ・リフが2回目の出場を果たしました。ブライトリングレースの公式計時パートナーを務める中、サイクリストは、南アフリカに拠点を置き、限られた交通手段しかないアフリカの地域に住む人々に自転車を提供する国際慈善団体「クベカ」の支援のために自転車を走らせました。「コロネーションダブルセンチュリー」はこうして、ブライトリングとクベカのパートナーシップ1周年を迎えました。


ブライトリングのトライアスロン・スクワッドが初めてミッションに臨んだのは2018年11月のことでした。南アフリカの過酷なロードレース、「コロネーションダブルセンチュリー」に参加したのです。このレースは走行距離が200キロメートル以上あることから、このように名付けられています。2019年11月23日、ヤン・フロデノ、クリス ・ "マッカ" ・ マコーマック、ダニエラ・リフというトライアスロンのスターたちが、ブライトリングジョージカーンCEOや世界屈指のサイクリストとともに、スウェレンダムに帰ってきました。サイクリストの中には、スイスアイアンマンチャンピオンでデュアスロン・スペシャリストのロニー・シルトクネヒト、南アフリカサイクリストニコラス・ドラミニ、イタリアレーサーのヴィンチェンツォ・ニバリの姿も見られました。自転車ロードレースの三大大会、グランツールブエルタ・ア・エスパーニャツール・ド・フランスジロ・デ・イタリア)をすべて制覇したレーサーは現在7人のみですが、ニバリはその中の1人です。
ブライトリングがこのレースの公式計時パートナーを務める一方で、サイクリストたちは限られた交通手段しかないアフリカの地域に住む人々に自転車を提供する国際慈善団体「クベカ」の支援のために自転車を走らせました。「コロネーションダブルセンチュリー」を通じたブライトリングとクベカのパートナーシップが始まったのは1年前。この1周年を記念して、レースの翌日にはクベカ・コミュニティを訪問し、地域の人々の生活に自転車が役立っているようすをサイクリストや特別ゲストに見ていただきました(#BicyclesChangeLives)。
ブライトリング100台の自転車を寄付し、クベカはそれをケープタウン市カヤリシャのウササゾ中学校に通う生徒100人に贈りました。2019年は、ブライトリングの支援を元に、「スカラー・モビリティ」計画の中で同校に合計350台を贈ることになっています。自転車を受け取るための条件として、生徒は12カ月有効の契約書に署名をして、学校でしっかり勉強し、きちんと通学することを誓います。自転車があれば、生徒は通学がぐんと楽になり、図書館スポーツ活動など、他の機会にもアクセスしやすくなります。
11月24日の公式セレモニーでは、ブライトリングゲストとともにリレーレースに参加した100人の生徒に100台の自転車が贈られました。ブランドがクベカのために行っている活動に情熱を傾けるブライトリングのCEOジョージカーンは、次のように話しています。「1台の自転車がどれほどの変化をもたらすかを目の当たりにすると、実に驚きます。生徒が通学できるようになったり、家族を医療手当に連れて行ったりと、それは私たちには当たり前のことなのですが。レースの後で全員ぐったりと疲れていましたが、生徒に会ったり、クベカのチームの仕事ぶりを見たりして、皆、力をもらいました。このような形で、私たちがここにいる理由を思い起こせたことをとてもうれしく思います」
クベカの創設者、アンソニーフィッツヘンリー氏は南アフリカへ帰ってきたブライトリングを歓迎し、次のように語っています。「ブライトリングとのパートナーシップ1周年を祝う日を待ち遠しく思っていました。みなさんは再び世界クラスのアスリートたちと一緒にスウェレンダムを訪れ、クベカ支援のためにレースに参加してくださいました。何よりも嬉しかったのは、ジョージカーンも一緒にレースに参加してくれたことです。組織の文化はCEOに左右されがちです。ジョージがこのイニシアチブにこんなに熱心になっていること、またそこで支援してくれている内容は、ブライトリングという企業について多くを語っています。皆さんをパートナーとして頼りにできることをとてもありがたく思います」

ブライトリング
1884年以降、ブライトリングは、高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない取組みにおいて、国際的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツテクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。ムーブメントは自社製造。そして、どの時計においても「スイス製、COSC 認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。

クベカについて
クベカは、アフリカの人々が自転車で移動できるように支援を行っている国際非営利団体。さまざまなプログラムを通じて自転車を人々の手に渡し、学校やクリニック、職場などにアクセスしやすくする。自転車は人々がより早くより遠くへ移動するため、収入を得るため、またより多くの荷物を運ぶための一つの手段。極端な貧困から抜け出せないでいる状態において、もっとも根本的なレベルで社会経済的な問題に取り組むための支援、つまり自転車で行きたい場所へ行けるようにするための支援を行うことで、多くの人の生活を変えることが可能なのです。

配信元企業:ブライトリングジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ