25日にノースウェスト・カウンティズ・リーグディビジョン1・サウス(英10部相当)の試合が行われ、ストックポート・タウンの元ウェールズ代表MFロビー・サヴェージが8年ぶりの現役復帰を果たした。同日、イギリスメディアBBC』が報じた。

 現在45歳のサヴェージは、マンチェスター・Uの下部組織出身。レスターブラックバーンなどでもプレーし、プレミアリーグ通算346試合に出場した。同選手は2011年5月、ダービー・カウンティ(英2部)での試合を最後に現役を引退。その後はテレビ解説者として活躍していた。

 サヴェージは24日にイングランド北西部のマンチスターを拠点にするストックポート・タウンと契約を結び、25日に行われたオスウェストリー・タウン戦でいきなりベンチスタート。サヴェージがデビューする瞬間を見届けるべく、クラブ史上最多の225人の観客が試合を観戦した。そして、同選手は試合終了の10分前からボランチとして出場し、およそ8年半ぶりの現役復帰を果たした。なお、チームは3-2で勝利している。

10部で現役復帰を果たしたサヴェージ [写真]=Getty Images