この地殻変動は何なのだろうか。2019年プロ野球ストーブリーグパ・リーグの圧勝なのである。

 ソフトバンクからFA宣言していた福田秀平外野手が26日、ロッテ入団を決断したことを表明した。人的補償の必要ないCランク選手ということもあり、ソフトバンクも宣言残留を認めた上で慰留し、他にヤクルト、中日、楽天、西武が獲得を目指し争奪戦となっていた。

・合わせて読みたい→
全員プロの指導者!「ヤクルトの95年ドラフト4人衆」が凄すぎる(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/1995-swallows-draft-players/)

「パ高セ低」の状況は球界の常識


 また同日、楽天はパドレスから戦力外となっていた牧田和久投手と入団基本合意に達したと発表した。メジャーでは2年間、結果を残せなかったサブマリン右腕だが、国内では引く手あまた。阪神、西武が獲得に乗り出していた。

 その他のFA組では、楽天からFA宣言した美馬学投手がロッテ移籍を決断している。こちらは巨人、ヤクルトとの争奪戦だった。そのロッテからFA宣言した鈴木大地内野手は楽天へ。やはり巨人が獲得へ向けて動いていた。

 セ・パ両リーグにわたって激しい争奪戦が行われたこれらの投手。全員がパ・リーグ球団への移籍を決断している。セ・リーグはここまで全敗だ。

 両リーグの戦力レベルで見れば「パ高セ低」の状況は球界の常識となっている。セ・リーグ球団の日本シリーズ優勝は2012年の巨人を最後にない。セ・パ交流戦では毎年パ・リーグ球団が勝ち越している。

 逆に、レベルの高いパ・リーグから、セ・リーグの球団へ移籍することで活躍する可能性を上げることができるという見方もできる。それでも前述した選手たちはパ・リーグ球団をそろって選択した。メジャー球団を経由したとはいえ、牧田も西武から出て楽天へ。やはりパからパの流れとなった。

最大の注目、バレンティンの去就は?

 80〜90年代までは「人気のセ、実力のパ」と言われた。巨人、阪神といった人気球団を中心に、セ・リーグ球団こそが花形だった。まだ交流戦もなく、全国的にテレビ中継される巨人と対戦することで、露出の差も大きくあった。

 もはや立場は大きく逆転し、人気も実力もパ・リーグと言える時代が近づいているのかもしれない。特に交流戦の導入とここ数年の圧倒的な日本シリーズの結果は、選手やファンの心理に大きくすり込まれている。セ・リーグ球団はより強い危機感を抱くべきではないか。

 日本人選手の去就はメジャー移籍組を除けば大勢が決着した。ここからステージ助っ人外国人に移る。最大の注目はヤクルトウラディミール・バレンティンヤクルトは残留交渉を行っているが、今月中に合意に達しなければ保留者名簿から外れて他球団との交渉が解禁される。そうなればソフトバンクが獲得に乗り出すとみられている。

 またもやセVSパの構図に。このオフの流れを見れば、再びパのソフトバンクが制するのか。選手が移籍を決断した理由はそれぞれ異なるだろうが、リーグ間の勢力図という根底もその一因にあるのかもしれない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ソフトバンク福田はロッテ移籍を表明!ストーブリーグでパ・リーグ圧勝の理由とは?