10月22日、191の国や地域などの代表らが参列し、盛大に行われた「即位礼正殿の儀」(「即位の礼」)は、海外メディアでも大きく取り上げられた。

海外メディアはどう報じたか?

 英国BBCは、「天皇陛下、『即位礼正殿の儀』で国内外に即位を宣言」との見出しで、当日のトップニュースとして報じ、天皇皇后両陛下の装束や「高御座(たかみくら)」の装飾についても、詳しく解説した。米国CNNは、30分近くの生中継で、「簡素な式典は上品で洗練されているように見えます。まさに日本の伝統的な“おもてなし”の心です」と伝えた。

 仏紙フィガロは、安倍首相天皇陛下に万歳三唱したシーンに関して、「banzaiは文字通りには1万年を意味し、天皇が末永く生きるよう願うものだ」などと解説。中国や韓国でも生中継され、中国共産党機関紙『環球時報』も、翌日10月23日付の1面で、大きく報じている。

「世界に現存する最古の皇室制度」(環球時報)、「近代性と世界で最も古い伝統のバランスを取っている」(英国デーリー・メール)というように、伝統ある“ミステリアス”な儀礼が今日にまで引き継がれていることが、海外では驚きをもって受けとめられているようだ。

代替わりは「践祚・即位礼・大嘗祭・改元」から成り立っている

 だが、「代替わり」に関わる儀式は、われわれ多くの日本国民にとっても、同じように“謎”めいたものではなかろうか。

 平成元年宮内庁に入り、今年3月に退職し――つまりは「平成」をまるまる宮内庁で過ごし――、在職中は主に『昭和天皇実録』に携わった宮内庁の元幹部・梶田明宏氏(現在、昭和天皇記念館副館長)は、次のように解説する。

「実は『代替わり』は、“一日にしてなるもの”ではなく、複数の節目があり、大きく言って、『践祚(せんそ)』『即位礼』『大嘗祭』『改元』から成り立っています。そして歴代天皇の例では、それぞれ時期的にズレがあります。

『践祚』は聞きなれない方も多いかもしれません。『践祚』と『即位』はどちらも『天皇の位に就く』という意味です。記録によると、古代では『践祚』と『即位』の区別はありませんでしたが、平安初期の桓武天皇の時より天皇の位に就いてから、時を隔てて『即位の礼』を行うことが常例となり、『践祚』と『即位』を区別するようになりました。

 今は『践祚』という言葉は使われません。現行の『皇室典範』には『天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する』と明記され、『践祚』という言葉はないからです。しかし5月に行われた『即位後朝見の儀』は、実質的にかつての『践祚後朝見ノ儀』と考えて差し支えありません。

 明治に関して言うと、明治天皇は、慶応3年(1867)1月に『践祚』し、慶応4年8月27日に『即位礼』を行い、9月8日に明治と『改元』しています」

 つまり、「代替わり」と一口に言っても、複数の節目があり、過去の歴史を見ると、時期的にもズレがあるのだ。

「大正・昭和の大礼」は京都で行われた

 梶田氏は、とくに「即位の礼」と「大嘗祭」の違いについて、民俗学者・柳田國男の批判も引きながら、次のように述べる。

「『大正・昭和の大礼』と『平成・令和の大礼』の一番の違いは、前者が京都で行われたことです。

『即位礼』と『大嘗祭』をこのような形で京都で行うことで、一つの大きな変化が生まれました。『即位礼』と『大嘗祭』が併せて『大礼』と名付けられ、“一連の一つの儀式”という性格を帯びるようになったのです。

 もともと『即位礼』と『大嘗祭』は、時期的にも、意識の上でも、別個のものと考えられていました。

『大正・昭和の大礼』では、いずれも、『即位礼』は11月10日、『大嘗祭』は11月14から15日に行なわれました。一連の儀式として次第が整備されたこと自体は悪いことではありませんが、問題は、京都に移動して行うために、どうしても性格の違う二つの儀式を近接した日程で行わなければならなくなったことです。

『即位礼』は、天皇の即位を内外に示すお祝いの式ですから、“賑やかに”に行なわれるべきものです。一方、『大嘗祭』は、神様に対して天皇が祈りを捧げる儀式ですから、本来は“厳粛”であるべきものです。貴族院書記官長として『大正天皇の大嘗祭』に奉仕した柳田國男は、『大嘗祭ニ関スル所感』という死後に公開された文章で、こう述べています。

〈華々しき即位礼の儀式を挙げ民心の興奮未だ去らざる期節に此の如く幽玄なる儀式を執行することは不適当なりと解せられたる為なるべしと信ず〉

『即位礼』の浮かれた気分が京都の町中に尾を引いて、『大嘗祭』にあるべき厳粛な姿を保てなかったというのです」

 11月14日から15日に行なわれた「大嘗祭」を始め、「代替わり」に関わる一連の儀式を分かりやすく解説した梶田氏の「『即位の礼』『大嘗祭』秘儀の中身」の全文は、「文藝春秋12月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年12月号)

令和の大嘗祭で帳殿へ向かわれる皇后雅子さま ©時事通信社