普通のハサミでセルフカットすると髪が傷むってホント?
普通のハサミでセルフカットすると髪が傷むってホント?

普通のハサミとヘアカット用のハサミの違い

普通のハサミとヘアカット用のハサミでは、材質や値段もさることながら、切れ味が全く違います

普通のハサミで髪を切ると、毛先が痛んでしまったり、髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまので、場合によっては、そのまま枝毛やパサつきになってしまうことさえあるのです。

一方、切れ味の良いヘアカット用のハサミで髪を切ると、毛髪への負担を最小限に抑えられます。

だから、カットした後も健やかな美髪をキープすることができるのです。

また、普通のハサミとヘアカット用のハサミは、使用されている刃の材質が異なっています。

普通のハサミが主にステンレス製であるのに対し、ヘアカット用ハサミの刃の材質に使われているのはコバルトという金属です。

コバルトステンレスより柔らかく、サビに強く、切れ味が長持ちします。

一見、同じように見える普通のハサミとヘアカット用のハサミですが、その差は歴然だったのですね。

普通のハサミが髪に与えるダメージについて

ステンレス製の普通のハサミは、身近にあって便利なものですが、素材そのものが硬く、ヘアカットに用いると髪の毛を傷める原因となります。

じつは髪の毛は、生えた時点で死んでしまっている細胞なので、自己再生や自己修復の能力がありません。

つまり、一度でもダメージを受けた髪を復活させるには、切ってしまうほか手段がないのが現実です。

そうなってしまわぬためにも、日頃から、普通のハサミではなく、髪を切る目的で作られたハサミを使ってカットすることが重要となってきます。

セルフカット用のハサミはどこで手に入るのか

セルフカット用のハサミは、100均文房具店でも購入可能ですが、積極的にはおすすめできません。

なぜなら、安いものは安いなりのクオリティでしかない場合が多く、粗悪品が紛れ込んでいる可能性もないわけではないからです。

とはいえ、セルフカット程度で、わざわざプロ仕様のハサミを入手するとなると、ちょっと大げさに感じてしまいますし、お財布にも優しくありませんよね。

そんなときはネット通販サイトで探してみて下さい。

ネット通販ですと、カットシザーとすきバサミがセットになったものや、ケースクリップピンに加えてマニュアル説明書が付いているもので、概ね3000~5000円前後の価格で入手できちゃいます。

ちなみに、 一般的なカットシザーのサイズは6インチが基準のため、初心者の人は、それを目安にサイズ選びすると良いでしょう。

セルフカット用のハサミが1セットあれば、思わぬところで重宝するものです。

普通のハサミで髪を傷めてしまい、取り返しがつかなくなってしまうその前に、あなたもぜひ、ヘアカット用のハサミを手に入れてみてはいかがですか?

髪に良いヘアアイロンと悪いヘアアイロンの違いとは?