「LIXIL東京2020パラリンピック聖火ランナー募集記者発表会」が11月27日、都内で行われ、プロテニスプレイヤー錦織圭選手、パラ陸上競技の佐藤圭太選手、株式会社LIXIL社員でパラバドミントンの長島理選手が出席した。

 パラリンピック聖火ランナー用の特製ウェアを着用して登壇した錦織選手は、活躍した1年を振り返って「良い試合もありましたし、今は怪我をしてリハビリ中ですが、2020年を良い年にできるように有意義に過ごしたい」と充実の表情。聖火リレートーチ(たいまつ)に使われているのは、東日本大震災の被災三県にあった仮設住宅のアルミ建材。トーチを目にし「ネックレスにしたいくらいきれいな素材で、被災した人たちを守っていたのですごく思いが詰まっている」と印象を語った。

 今回のキャンペーンでは、「あなたのそばにいる、誰かのために頑張っている人や笑顔をくれる人」を自薦・他薦を問わず、聖火ランナーとして募集。身近なヒーローについて聞かれ、錦織選手は「たくさんいて悩みましたが、その中でもすごく熱い方を」と言って挙げたのは「松岡修造さん」。「自分がテニスで世界を目指すきっかけになったのは修造さんの教えだったので。ご自身が忙しい中でもテニスにすごく力を注いでくれていますし、今でも日本のテニス界に貢献してくれているので、多くの人にとってヒーローだと思います」と恩師に感謝した。

 理想のヒーロー像について、佐藤選手は「心を変えるヒーロー」と回答。「脚を切ったときに義足に対してネガティブな思いがあったんですけど、パラリンピック選手の姿を見て、そこから義足を受け入れて前に進むことができた」とアスリートとしての原点を明かした。長島選手の答えは「ポジティブな変化を与えられるヒーロー」。「テレビに出演したときに、その映像を見てパラバトミントンを始められた方がいて、その方と今一緒に国際大会を回っているんです。私が何かすることで何かを始めるきっかけになれば」と自身のエピソードを通して語った。

 最後に、2020年東京パラリンピックに向けて「3回目の大会ですが、母国開催ということで盛り上がっている中で、全力で自分ができることをやって迎えていきたい」(佐藤選手)、「(パラバトミントンが正式競技になって)舞台は整ったなと思います。出場権争いも佳境ですが、勝って本大会でメダルが獲れるように」(長島選手)とそれぞれ抱負を述べた。そんな2人に、錦織選手も「僕らよりも苦労されている部分はあると思いますが、その中でポジティブに頑張っている姿をたくさんの人に見てもらいたい。僕も一緒に頑張りたい」とエールを送った。

 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集キャンペーン2019年11月27日から2020年2月29日まで。詳しくは株式会社LIXILホームページを参照。(https://www.lixil.co.jp/feel_the_moment/paralympic_torch/runner/)

錦織圭\