出産は夫婦にとって一台イベントだ。新たな命を迎え入れるその感動的瞬間を夫婦共に見届けたい、そして夫にぜひ立ち会ってもらいたい、と願う女性は多いようだ。出産という感動的瞬間を分かち合うことは、確かにきずなも深まるすてきなことだ。しかし、フランスの病院では夫の立ち会いを禁じるところがほとんどなのである。

マイケル・オデント医師は、病院が夫の立ち会いを禁じるのには理由がいくつかあるのだと言う。そのうちの一つが、母体の健康のためなのだそうだ。

なんと、夫が立ち会った場合の女性の出産は時間がかかるらしい。出産時のトラブルが起こりやすいせいなのか、出産時間が延びてしまうのだ。

そして赤ちゃんが生まれた後に続いて出てくるはずの胎盤も、男性が立ち会った出産ではなかなか出て来なかった場合がほとんどらしい。これは、男性がいる事で女性の気が散ってしまい、「愛情ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンという物質の分泌が中断されてしまうからだ。

そして「気が散ってしまう事で赤ちゃんとの心理的つながりが弱くなってしまう」とオデント医師は言う。

「出産後も男性が女性に性的魅力を感じるためには、出産には絶対立ち会わないことだ」と医師らは口をそろえて言うそうだ。自ら立ち会いを希望したのにも関わらず、パートナーに性的魅力を感じなくなってしまった男性はたくさんいるのも事実である。

出産後の夫婦生活はただでさえ大変だというのに、心と心を通わせるはずのエッチの欲求がなくなってしまうのは大問題だ。

あなたならどうするのか、じっくり考えた方が良いのかもしれない。

参考:Doctor says: Men should NEVER watch women give birth
http://www.mamamia.com.au/parenting/dr-says-men-should-never-watch-women-give-birth/

出産の立ち会いはやめた方が良い!フランスの医者が語る出産の裏話