アニメーション監督の富野由悠季さんと漫画家高橋留美子さんが、文化庁長官表彰を受賞しました。

【画像】高橋留美子さんの代表作『らんま1/2』

 文化庁長官表彰は、文化活動に優れた成果を残し日本の文化振興に貢献した人や、日本文化の海外発信、国際文化交流に貢献した人に対し、文化庁長官が功績をたたえて表彰するもの。令和最初の表彰となる今回は全74人が表彰されました。

 富野由悠季さんは「機動戦士ガンダムシリーズをはじめ、多数の作品を残してきたアニメ界の巨匠。高橋留美子さんも『らんま1/2』『犬夜叉』など多数の人気作品を発表しています。両者の受賞功績概要には共に「優れた作品を数多く発表してきたこと」が挙げられており、長年の活躍が今回の受賞につながったようです。

富野由悠季さんの代表作「機動戦士ガンダム」(画像は「機動戦士ガンダム」公式サイトより)