モデルの谷川りさこが、大分県オリジナルいちごベリーツ」のスペシャルPRアンバサダーに就任。11月29日に京都悠洛ホテル Mギャラリーで行われた、関西地区お披露目会に登場した。

【写真を見る】「ベリーツ」をふんだんに使用した特製ケーキを前に、谷川りさこも笑顔!

■ 早くもスペシャルPRアンバサダーとしての役割を果たす“大のいちご好き”!

ベリーツ」は、約8年の歳月をかけて、2017年12月に新たに誕生した大分のオリジナル品種。そのスペシャルPRアンバサダーに就任した谷川は、「ベリーツ」をイメージした真っ赤なドレスで登場。

尾野賢治副知事から就任記念状が手渡され、谷川は「このような記念状を頂いたことが初めてなので、本当にうれしいです! 関西のみんなに、魅力を広められるように頑張ります」とあいさつする。

大のいちご好きという谷川は「子どものころは、よく家族でいちご狩りに行っていました。そして、取ったいちごおばあちゃんジャムにしてくれて、それを毎朝パンと一緒に食べていました」というエピソードを紹介。

さらに、「昨年も友達といちご狩りツアーに行ったんですが、たくさん食べ過ぎていちご狩りの後の食事が食べられなくなるほどいちごが大好きです」と明かす。

そして、「ベリーツ」を積み上げた“ベリータワー”を前に「本当に色鮮やかですてき! 何よりも早く食べたい!」と、「ベリーツ」の試食が待ちきれない様子。

ベリーツ」は11月29日の朝に京都中央市場で競りが行われ、1箱(12粒入り)10万円で落札。

京都高島屋内の八百一で販売されているという話を聞き、「1粒約8000円くらいですか!? そんないちご食べたことないです。それくらい価値のあるいちごということですね! 関西の皆さま、京都高島屋内の八百一までダッシュで買いに行ってください!」と、早くもスペシャルPRアンバサダーとしての役割を果たしていた。

お披露目会の中盤、いよいよ「ベリーツ」の試食タイムに。真っ赤で大粒の「ベリーツ」を口にした谷川は、「果汁と甘みがすごい! 本当においしいです。まさに、1粒8000円も納得の味ですね! おいしさの詰まった果汁があふれる!」と大喜び。

「こんなにおいしいいちごが、これから関西で食べられるなんて、本当にありがたいですね。母に贈ってあげようと思います」と笑顔を見せる。

その後、会場には「ベリーツ」をふんだんに使用した特製ケーキが登場。

いちご自体しっかり甘みがあるので、ショートケーキの生クリームは甘さ控えめにし、いちご本来の甘さを損なわないようにしました。そして、ケーキの上に載せた飴細工は、色鮮やかな『ベリーツ』のかわいさを表現しました」という、「ベリーツ」の魅力を存分に生かした豪華なケーキが出席者に振る舞われる。

最後に、谷川は「『ベリーツ』は口の中で甘さが広がり、幸せになれるいちごです。アンバサダーとして関西の皆さまに魅力をいっぱい発信するので、皆さまもご協力ください!」とメッセージを送った。(ザテレビジョン

谷川りさこが、スペシャルPRアンバサダーを務める大分県オリジナルいちご「ベリーツ」の関西地区お披露目会に登場した