詳細画像はこちら

JVとして777億円で自動車工場を新設

textJames Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
EVモデルのミニが、BMWグループグレートウォール・モーター(長城汽車)とのジョイントベンチャー(JV)「スポットライトオートモーティブ社」による、新しい中国の工場で生産されることになる。

ドイツと中国の大手自動車メーカーによって立ち上げられたスポットライトオートモーティブは、中国の張家港市に自動車生産工場を5億5500万ポンド(777億円)の費用を投じて建設している。竣工予定は2022年

詳細画像はこちら
ミニ・エレクトリックは英国オックスフォード工場で生産が始まる予定

3000名の従業員を雇い、年間16万台の生産能力を持つ工場となる。一方で英国オックスフォードの工場もミニ生産の「心臓部でありホームである」として、残されることを示した。

BMWによれば、その工場で将来のEV版ミニを、グレートウォール・モーターのいくつかのモデルと並んで生産するとしているが、どんなモデルなのかはまだ明らかにしていない。

標準的なミニのEV、ミニ・エレクトリック2020年に発売が開始される予定。こちらは英国のオックスフォード工場で生産される。「(オックスフォード工場は)ミニの生産の心臓部でありホームとして残ります。スポットライトオートモーティブというジョイントベンチャーが、余力と柔軟性を与えてくれます」 とBMWコメントしている。

魅力的な条件でミニ・ブランドのEVを大量生産

中国の張家港市に準備を進めている工場は、主に中国市場向けのミニ・ブランドクルマを生産することになるはず。ミニ・エレクトリックも含まれると考えられるが、世界各国へ輸出もされることになるようだ。

BMWの財務担当、ニコラス・ピーターは次のように述べている。「世界市場に対してジョイントベンチャーは、より魅力的な条件でミニ・ブランドのEVを大量に生産することになります。同時にミニ・ブランドの開発も加速するでしょう」

詳細画像はこちら
ミニ・エレクトリックは英国オックスフォード工場で生産が始まる予定

「ミニにとって、次のステップへの重要な戦略でもあります。グレートウォール・モータージョイントベンチャーを立ち上げたことは、中国市場がわれわれにとって重要な存在であることを示すものです」

BMWはミニ・ブランドだけでなく、BMWとしての中国での販売戦略にも積極的で、BMWブリリアンスというジョイントベンチャーを立ち上げている。こちらは中国、ブリリアンス・オートとの共同となる。

AUTOCARは以前、ミニ・ロケットマンコンパクトなEVモデルとして2022年に復活する可能性があることに触れている。このモデルも、スポットライトオートモーティブの工場で生産が行われる可能性が高い。


■BMWの記事
ミニのEVモデル 中国の新設工場で製造へ 長城汽車とのJVとして
BMW X4Mコンペティション
BMW X5 xドライブ45e
BMW X6 M50i

■ミニの記事
ミニのEVモデル 中国の新設工場で製造へ 長城汽車とのJVとして
驚きの出自 そのエンジンはどこから? モデルとの意外な組合せ16選 後編
306psのミニJCW GP 最速ミニの地位は変わらず 0-100km/h加速5.2秒
台風に負けるな! 熱海ヒストリカG.P.2019 愛好家秘蔵の名車が熱海に集い、走る

■長城汽車の記事
ミニのEVモデル 中国の新設工場で製造へ 長城汽車とのJVとして

ミニのEVモデル 中国の新設工場で製造へ 長城汽車とのJVとして