1993年に発売されたヤマハPASが世界初と言われている電動アシスト自転車。年々シェアは拡大し、2018年日本国内で生産された自転車のうち、6割以上が電動アシスト自転車という統計もあります(出典:自転車産業振興協会)。

初期の頃は、バッテリーの能力もあり、長距離をアシストする性能がありませんでしたが、いまやロングモードではアシスト距離が100kmを超えるモデルも出てくるなど、その進化は日進月歩。

当初はいわゆるママチャリタイプが多かったのですが、スポーツタイプミニベロ、折り畳みタイプなど、選ぶ幅も広がってきました。

そんな電動アシスト自転車の最新モデルを5台紹介しましょう。

 

年々進化し続ける電動アシスト自転車の最新モデル5選