cutepalm0_e


 日本固有の生き物ってやつは、意外とけっこういるもんなんだけど、その中でもかなりインパクトのある部類に入るのが、この「オオサンショウウオ」っていうヤツだろう。

 我が国の特別天然記念物であり、日本列島南西部の固有種であるこのオオサンショウウオ。だが実際に目にしたことのあるお友だちは少ないのでは?

 今日はこのキモ可愛いオオサンショウウオさんが、どのくらい「大きい」サンショウウオなのかが一目でわかる写真を紹介しよう。



 インターネット上で話題となっていたこの写真。ニンゲンの手の平とオオサンショウウオの前足が、仲良く握手、あるいは「お手!」、もしくは「バルス!」しているシーンのようなのだが、この写真を見た世界中のお友だちからは「なんじゃこりゃ!」の大合唱

・でかっ!

・人間の手みたいだ!

・ぜひ全身がどうなってるのか見てみたいのだが……。
 ↑ こんなのだよ
  ↑ 見なきゃよかった……
  ↑ も、もう少し可愛いものを想像してたぞ
  ↑ なるほどそうか、俺は見ないぞ!
  ↑ ずんぐりむっくりで可愛いじゃないか! 

・でっかいナマコみたいなもんなのかな?

・日本産だぜ? あそこでは何だって奇妙になるんだよ!

・そもそも手があるんだ!
 ↑ 正確には足だと思うが……

サイズがわからん。誰か比較用にバナナを置いてくれよ!

・これって恐竜の時代から存在してるの?

ポケモンだな!

 この写真は兵庫県朝来市日本ハンザキ研究所で撮影されたものだという。ここは日本で、いや世界で唯一のオオサンショウウオの研究施設なんだとか。

 ここの所長であり、オオサンショウウオ研究の第一人者でもあった栃本武良(とちもとたけよし)さんが、今年の6月に亡くなった後も、オオサンショウウオを多くの人たちに知ってもらうための地道な活動を続けているんだ。

 公開施設ではないため、見学を随時受け付けているというわけではないが、興味を持ってくれたお友だちは、研究所のHPインスタグラムをい覗いてみてほしい。

 最大で150cmに達することもあるというオオサンショウウオ。全体像はこんな感じだ。


written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52285187.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬?オオカミ?シベリアの永久凍土で発見された1万8000年前の動物の子どもの謎(ロシア)
5匹の子猫をあたため続け、寒さから守りぬいた野良犬の保護物語(カナダ)
猫の尻尾の付け根の部分を触ると皮膚はどのような動きをするのか?ほぼ無毛の猫、スフィンクスで実験してみた
成功も失敗もあるそれが犬生。ソファに乗りたかったコーギーの見せたドラマチックな表情
イギリスのスーパーで不買運動が勃発、その理由は猫!?

―画像の紹介記事―

成功も失敗もあるそれが犬生。ソファに乗りたかったコーギーの見せたドラマチックな表情
こいつ、動くぞ!驚くほど精巧なダンボールで作られたスチームパンク彫刻
高画質の鮮明な虫たちの姿に迫る!昆虫マニア必見のインスタグラムアカウント(※虫・クモ出演中)
実に興味深い。小さくても壮大なインパクトを放つ美しいキノコの世界
猫にとって「寒くなったら行くべきところ」は飼い主さんのフトコロしかない
いやちょっと待て、このサイズは反則だろ?オオサンショウウオの手の大きさが世界中で話題に